TLR-3-1
STREAMLIGHT (ストリームライト) TLR-3 コンパクト レールマウント ウェポンライト

ストリームライトのウェポンライトをご紹介いたします。新たに入荷しましたこちらのTLR-3はシリーズ最小最軽量のコンパクトモデルです。使用電池はCR123ではなく、CR2リチウム乾電池 1本。CR123よりもさらに小さな電池を使用しております。ハンドガンの中でも「サブコンパクト」・「コンパクト」などと名称につくモデルに適したサイズに仕上がっております。

TLR-3-6
ボディサイズは全長68.8×全幅30 x 全高38.4mm。この手のウェポンライトにしても他に類を見ない小さなボディが特徴です。重量は電池込みで約65.8g。ボディにプロポリマー樹脂を使用しているので実に軽量です。ヘッド部分はアルミ合金製で強度と放熱を重視した仕様になっております。

TLR-3-2
搭載LEDは恐らくCREE XP-E2。E系では最新のLEDを搭載しております。レンズは耐衝撃性に優れたボロフロートレンズ。細かな凹凸のあるOPリフレクターを使用。リフレクターは比較的深く集光性に優れた仕様です。

スイッチは上下に傾けて操作するハドルスイッチ式。上下どちらであっても間欠点灯が可能で、上下どちらかが間欠オンリーになっており、その逆が間欠点灯の状態からさらに傾けて「カチっ」音がするまで傾けると常時点灯になります。左右でその設定が逆になっております。基本的に間欠点灯がメインで使われるライトだと思いますのでこのオペレーションは理にかなった設定です。

TLR-3-3
電池の脱着はヘッドを外して行います。TLRシリーズはそのほとんどがパドルスイッチの付いている「バッテリードアー」側から電池の出し入れをしていましたが、TLR3はヘッドからになります。また、電池の装填方向ですが、プラス極をテール側に向かって差し込みます。ヘッド側にマイナス極が来ますのでご注意ください。

ちなみにTLR3のヘッドはアッセンブリー交換となります。万が一破損や紛失をした場合はパーツNO.692204のFACECAP ASSEMBLY (INCLUDES LED)を手配する必要があります。レンズ単体での手配は出来ません。こちらのパーツは9月入荷予定です。旧型から新型へのアップグレードにもおススメです。

TLR-3-7
銃への取付ですが、レールクランプ部分のネジをコイン等で緩め、それを押し込むと反対側のクランプが開きます。開いたクランプをレールに引っ掛けてライトを固定します。バネ式になっているので脱着がとても簡単です。他社のモデルに比べると非常に良く出来たシステムです。

TLR-3-8
レールキーは全部で6種類。20mm幅のレールと一言で言っても溝の位置は様々。それぞれのメーカーに合わせてレールキーを選択することが出来ます。もちろん実銃用のものになりますのでトイガンに適合するかはその限りではありません。実際にいろんなキーをあてがって試してやる必要があるでしょう。一般的な1913ピカティニーレールであれば「E」キーが使用可能です。

TLR-3-10
こちらが製品と同梱されているキーの対応表。ご参考になれば幸いです。同じメーカーでもモデルによって異なっているようですね。

TLR-3-11
さて、実際の照射ですが「125ルーメンって弱くね?」と思われますよね。ハイルーメンが当たり前の現在ですが、ちょっと前まで60ルーメンのキセノンバルブが普通にウェポンライトで使われていたことを考えると充分明るいものです。当時と決定的に異なるのは「大きさ」であり「ランタイム」です。当時よりも確実に小さくなり、そして長時間使えるようになりました。また、LEDですので衝撃によるバルブ切れもありません。

TLR-3-13
メーカー公称の明るさとランタイムの推移表。初期照度を保って1.25時間でストンっ落ちます。CR2乾電池1本であれば上出来でしょう。一般的な懐中電灯と異なりパッパッと点灯、消灯を短時間に繰り返す間欠点灯メインですからランタイムの長さはさらに長く感じることでしょう。

TLR-3-12
さらに距離を離して10mでも充分にその先を照らしております。LEDが小さく、リフレクターが深いので意外にも照射距離は稼げます。また、配光も美しいので照射面の視認性は非常に良いと思います。ハンドガンマウントするライトとしては必要充分な照射距離と思われます。まぁ、同社のTLR-1やTLR-1 HLと比べれば明るさに不足を感じるかも知れませんが「コンパクト」モデルに搭載できるウェポンライトとしてはかなり満足することが出来る明るさと配光だと思います。

TLR-3-9
TLR3は樹脂製のボディということもあり、樹脂系のハンドガンとよく似合いますね。これまで装着が困難だったコンシールド系のコンパクトモデルにも装着できると思います。
シングルアウトプットなのでオートストロボ点滅が使用禁止されているインドアフィールドなどでも安心して使えます。正直、インドアフィールドであれば充分に楽しめるアイテムかと思います。

STREAMLIGHT (ストリームライト) TLR-3 コンパクト レールマウント ウェポンライト