E2-1
H2T 雷光小塔 6V MN03互換 ドロップインLEDモジュール 電球色 昼白色

SUREFIRE社の絶版アイテム E2シリーズに対応したLEDモジュールに新しいモデルが追加されました。これまでH2TがリリースするアイテムとしてはE1e用のモジュールは省エネモデルの「燈(ともしび)」から4.2vの「雷光小塔」まで豊富に用意されておりましたが、CR123を2本使用した6vモデルはいまだ「燈」のみでした。今回リリースされた6vは明るさ重視の1000mAモデル、白色と電球色の2タイプになります。

E2-2
LEDモジュールのサイズはこれまでの3vモデルと同じです。白色CWが360ルーメン、電球色WWが300ルーメンとなります。許容電圧は3-12vと幅広く、一応E1eにも装填、使用は可能です。ただ、6vで使うようには明るくなりません。

また、12vまでいけるなら「満充電4.7v 2本のリチウムマンガンでもイケるよね?」と思うかも知れませんが、残念ながら弊社で取り扱うリチウムイオン充電池ではE2eに入れて使えるものがありません。問題は電圧ではなく「サイズ」です。

E2-7
E2eのボディサイズは非常にタイトです。18650型はもちろん入りませんし、リチウムマンガンもプロテクション付きのリチウムフェライトも使えません。使えるのはプロテクションなしの500mAのリチウムフェライトのみです。元々乾電池のみを入れることを想定されたボディになりますので致し方ありません。どうしても充電池が使いたいというのであれば現状緑のLiFePO4をお選び頂くほか方法がありません。

E2-3
LEDモジュールをインストールするとこんな感じ。違和感なく綺麗に収まります。

E2-4
CWの照射
中心光に光が集光されますが、やはり周辺光がとても広いです。E2eのリフレクターはさほど深くはありません。どちらかといえば浅く、小さなものになるので配光は広くなります。おかげで手間から先までを綺麗に照らすことが出来ます。遠方照射を望むのは少々酷ですが、E2eサイズのライトで充分ご満足いただける明るさだと思います。

E2-5
純正のキセノン電球よりは遥かに明るくなります。ただ、電球色の場合より赤みを増したものになりますので全く同じといった感じにはなりません。「豆球のお化け」みたいな感じの光の色と明るさになります。個人的にはやはり電球色のそれが好きですが、純正のLEDヘッドKL4やKX2とも異なる明るさと配光が楽しめるのが本商品の魅力です。E2eのスリムでスタイリッシュな如何にも「エリート」な外観を崩すことなくさらに明るく出来るアイテムとなります。

E2-6
もちろんお約束の蓄光仕様 消灯後の余韻をお楽しみあれ。

如何せん古いライトの交換モジュールになりますので既にお持ちの方にしか興味を持っていただけないところが残念なアイテムではあります。いつかSUREFIREがキセノンモデルのヘッドをリメイクとかしてくれたら良いんですけどねぇ〜。

H2T 雷光小塔 6V MN03互換 ドロップインLEDモジュール 電球色 昼白色