P20-1
NITECORE (ナイトコア) P20 LEDライト

NITECORE P20はテールスイッチに特徴を持った同社の新型タクティカルライトです。これまでリリースされたPシリーズはいずれもヘッドにフロントスイッチを備えたモデルでしたが、本日ご紹介するP20はテールスイッチに2つのスイッチを配置したライトです。弊社取り扱い品の他ブランドではちょうどうKLARUSのXT11のようなスイッチになります。

P20-3
XT11のような、、、と書きましたが、ぶっちゃけほとんど同じオペレーションになります。手前にある「MODE」と書かれた半月状のスイッチがモード切替兼ストロボスイッチボタンとなります。消灯時にこのスチッチを押すとストロボ点滅モードが作動。押している時だけ高速点滅が繰り返され、指を離すと消灯します。ほんの短時間、瞬くようにストロボ点滅を使いたいユーザーにとってはとても使いやすいスイッチとなります。通常多くのライトがいくつかのモードを経た後にストロボモードが作動しますので、「即ストロボ」となるモデルは比較的珍しいです。

凸型のメインスイッチは間欠点灯、常時点灯いずれも可能。このスイッチは非常に柔らかくセンシティブ。軽い力でON/OFFできます。常時点灯させた後、「MODE」スイッチを押すと調光が可能です。メモリー機能があり、消灯時の明るさを次回点灯時に再現いたします。

P20-4
搭載LEDはCREE XM-L2 MAX800ルーメンとなります。リフレクターは鏡面仕上げのツルツルなやつですが、リフレクターはこの手のモデルとしては浅く、ヘッド自体も長いワケではありません。むしろとてもコンパクトなヘッドだなぁという印象です。

ヘッドの外周には回転防止の突起がありテーブルなどに置いても非常に安定しております。ヘッドの開け閉めの際も少ない力で回すことが出来ます。ベゼル径は1.25インチ(31.8mm)、後ほど書きますがこのサイズがミソです。

P20-5
使用電池はプラス極が凸った18650充電池か、CR123乾電池が2本となります。バッテリースペースは予め少し広く削られており、3100mAの18650リチウム充電池が入ります。CR123を使用する場合は付属するスリーブに装填してガタツキを防止します。

P20-6
このライトのもう一つの特徴がサイズです。頭からベゼルが1.25インチ(31.8mm)、ボディとテールが1インチ(25.4mm)、全長は134mmとなります。このサイズはSUREFIREの6P ORIGINALとほぼ同じ。いろいろと機能は付いておりますが、タクティカルライトとしてのサイズ感は非常にオーソドックスなものになります。これまでの商品もそうですし、他社のタクティカルライトもそうですが、どうしても「デカめ」なモデルが多かったです。リフレクターが深かったり、広かったりですね、何か違いを作っているように見えましたが、P20はある意味確信犯です。

P20-7
サイズが6P系とほとんど同じになりますので、6P系で使用可能なホルスターにジャストフィットです。
EYTEX SAYA SHINOBI-P 6P系対応 カイデックスホルスター
SKM工房 SUREFIRE 6P/G2用 カイデックス製 ライトホルスター

P20-8
配光は中心光が太く、広い周辺光が発生するタイプです。リフレクターが細かな凹凸の付いたテクチャーパターンであれば、また違った雰囲気になるのでしょう。これはこれで全然ありです。


P20-2
付属品をフル装備したP20
このP20に限らずSUREFIREの6P系のサイズを真似たモデルはこの世にごまんとあります。なので、ことさら珍しいことでもありませんが、慣れ親しんだプロポーションは手に馴染みます。このサイズにこれだけの機能を収めたのは凄いことだと思いますし、なんと言っても扱いやすいっていうのは重要です。改めて6Pのサイズ感が色あせない完成されたデザインであることを再認識しました。

P20の最大の特徴であるストロボスイッチは簡単に作動指定しまうので、不用意な点灯を起こす可能性があります。なので、人によっては「この機能要らない」と思うこともあるでしょう。好き好きといいますか、そこは違いとして認めればP20は面白いモデルだと思います。日常にタクティカルなスパイスを加えてくれるアイテムです。

NITECORE (ナイトコア) P20 LEDライト