DSCAMO
SKM工房 P2X FURY用 巾着型ホルダー KYSHE-DSCAMO デザートデジタルカモ

お客様からのカラーオーダー品が本日メーカーから送られてきました。作例の一つとしてご紹介いたします。こちらはSUREFIREのP2Xが入るサイズのもの。カラーはデザートデジタルカモ。サンプルチップで見たときよりも渋い感じ。製品として形になるとまた違います。

KILCOY
SKM 6PX系 巾着型ホルダー CFTAC-KILCOY キラーコヨーテ カーボン柄

こちらは6P/G2系のライトが入ります。カーボン柄のコヨーテカラー。なんだか竹編みチックでもあり面白いです。ホルスターというよりは小さな竹魚籠(ビク)のようです。

KILCOY-1
この巾着型のホルスターは1枚のカイデックスを型に押し当てながら曲げて作られております。故に、途中で一箇所でも失敗すると廃棄になってしまうそうです。ほぼ一発勝負だそうです。一つ一つ木型に手作業で押し当てられ、機械では曲げられない繊細で機微な造形をしております。

この曲線的で有機的な曲がりが「強すぎず、弱すぎない」絶妙な適合性を生み出します。

KILCOY-2
STREAMLIGHT ナイトファイターXL

カチャんと小気味良い音を立ててライトが挿せます。メーカーさん曰く、このホルスターは上記の写真のようにベゼルアップで使うのが推奨だそうです。理由としては背中やわき腹にライトが干渉しなこと、またライトを常に腰道具と共に携帯される方は、頻繁に使用するメインのツールを手前に装着されるはずです。そうするとライトは必然背面に配置せざる得ません。その時、ライトがベゼルダウンで挿さっていると抜き難いのです。実際にやってみますと良く分かりますが、下に向かって引き抜くほうが遥かに楽なのです。

付属するコードロックを確りととしていれば走ったり飛んでも簡単に脱落するようなものではありません。しかし、コードロックが掛かっていてもライトを外側に押しながら強く引き抜くとリリースすることが出来ます。ガッチガチのタクティカルホルスターには無いこのフレキシブルでファジーな適合性こそがハンドメイドがなせる業であると思います。

カラーオーダー品は少々お時間が掛かりますが、4週間はお待ちいただくことはありません。また、弊社が通常掲載しているレギュラー品以外もオーダーメイドで作成することも可能です。サイズや形状によっては不可能な場合もありますが、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。おおよその納期とお見積もりをお知らせ致します。

SKMホルスター お問い合わせ先フォーム