EFLOODHL-1
STREAMLIGHT(ストリームライト) 067HL EフラッドHL 充電式投光器

昨日ご紹介した小さなキーライト「ナノライト」と比べると、アリと象くらいの差があります。本日ご紹介しますライトはMAX3600ルーメンの超パワフルなバッテリーライト EフラッドHLでございます。

EFLOODHL-2
既存のEフラッドを明るくしただけのライトかと思っておりましたが、どうやらそれだけでは無さそうです。Eフラッドは純粋なバッテリーライト。充電をし蓄電のみで点灯します。また、超ワイドな拡散配光なライトになりますが、今回リリースされたHLは「集光」・「拡散」の切替が可能で、且つバッテリー駆動だけでなく、DC12Vの外部電源より直接電力を受けることにより投光器のように連続点灯させることが出来ます。

EFLOODHL-3
まず、「集光」「拡散」の切替ですが、実はかなり単純です。EフラッドHLにはCREE XM-L2が6灯搭載されております。風防レンズの外側に6個穴の開いたディフューザーが付いております。このディフューザーは中心のつまみを持って回すと回転します。つまり穴の開いた部分とLEDを重ねると「集光」になり、ディフューザーを重ねると「拡散」となります。従来の例えばライトボックスHIDのようにディフューザーをヘッドにはめ込む必要はなく、簡単に配光の具合を切り替えることが出来ます。単純にしてかなり合理的なシステムです。また、従来のEフラッドでは調光する際、ヘッドを分解してジャンパースイッチを挿しかえる必要がありましたが、HLは中心のつまみに調光スイッチボタン(ストリームライトのロゴマーク)が付いており、ここを押すだけで調光が可能です。

EFLOODHL-5
メインスイッチはボディサイドにあり、3点式になっております。中心がニュートラルで消灯。「BATTERY」が電池駆動、「EXT PWR」がDC12Vシガープラグを使用した連続点灯になります。EXT PWRモード時は充電されることは無く、また充電池が消費されることもありません。充電池をキャンセルして外部電源に頼った点灯が可能です。車載用として車内や荷台から投光させたりするときに便利です。

外部電源に頼った点灯はDC12Vのみです。ACアダプターを挿してEXT PWRで点灯させようとすると1秒ほど点灯してすぐに消灯してしまいます。

EFLOODHL-4
MAX3600ルーメンと言うのはとてつもなく明るく、また発生する熱量も半端ありません。一般的な懐中電灯のヘッドでは熱によってLEDが自壊してしまうくらいの熱さとなります。まして、外部電源による連続点灯となればなおさら放熱を重視しなければなりません。その為、このライトにはゴツイ放熱フィンがこれでもかと付けられております。それだけ熱くなりますので点灯中は素手でこの部分を触らないよう注意してください。空冷エンジンのそれと原理は一緒ですから。放熱フィンだけでは無く、ヘッド自体が金属製なので、HLではないEフラッドが非常に軽く思えるほど重いヘッドとなります。

EFLOODHL-7
重さ4700g これまで持ったことのあるライトで最も重かったライトボックスHIDを越えました。バッテリーは同じですが、やはりヘッドが効いてますね。かなり腕ににクル感じです。持ち上げること自体は問題ありませんが、持って歩くとなると大変ですね。ですので、最初からショルダーベルトが付属します。これがあれば持ち運びもなんとかイケるでしょう。

EFLOODHL-8
拡散モードでは光はふんわり蛍光灯のように散った配光になります。
このライトは持ち歩くというよりはやはりモバイル投光器といった感じのアイテムです。ボディが重たい分、置いて使うには安定します。ヘッドは上下に動きますので角度調整も楽です。通常は有線で使い、届かない所へはバッテリーで使う感じになります。

EFLOODHL-10
6個ある光源のリフレクターは一つ一つは深くも広くもありません。

EFLOODHL-9
集光ではビームのような光軸では無く、ドドーンと光があふれる感じ。まさに光の洪水。確かに遠くまで光は飛ばさせますが、ライトボックスHIDのように深いリフレクターを使用している訳でないので驚異的な飛びは期待できません。あくまでも作業灯的な距離の範囲で使える感じのモノだと思います。光源がLED化されたことによりHIDも終にお役御免かと思われましたが、性格が異なる以上、まだあれも残るアイテムなのかな?と思われます。

一般の方がご購入されるようなライトではないかも知れませんが、バッテリーライト兼投光器としてはかなりリーズナブルで魅力的な価格だと思います。残念ながらバッテリーではHiモードで2時間しか使えないので長時間の連続作業用としてはやや不向きです。あくまでも車載用のモバイル投光器と運用頂くのが適していると思われます。マッチョなピックアップトラックや消防車に積んであったらカッコいい事でしょう。ビックアメリカンを感じる今では数少ないライトの一つです。

STREAMLIGHT(ストリームライト) 067HL EフラッドHL 充電式投光器