3D-1
MAGLITE (マグライト) 3-CELL D 単一電池3本使用 電球 ライト

マグライトの電球モデルが生産終了になってからしばらく経ちましたが、ある日突然、輸入代理店より連絡がありました。なんと、単一電池3本使用した3Dが「あった」そうです。そんな訳で在庫にありました3Dを仕入れさせていただきました。

3D-2
全長313mm バトンサイズよりちょっと長い感じ。 LEDモデルとサイズは一緒。手の平サイズのライトに慣れているとやたらデカく感じてしまいます。マグライト全盛期のころは6Dまでありましたからね。3Dなんて短いほうです。

3D-3
マグの純正のLEDモデルはLEDバルブが外せません。完全に固定マウントされたもので、LEDバルブ等に変えることが出来ません。そんな訳でバルブが外せる電球モデルはある意味「未来」を託すことが出来る素体となる可能性があります。

3D-8
NITEIZEなどの社外品LEDバルブが出ております。ちなみに、最新の78ルーメンのLEDモジュールがリリースされました。従来品より明るいものです。こう言ったモジュールに交換すればまだまだ明るいライトとして使い続けることが出来ます。放熱ですとか、いろいろ解決しなければならない課題はありますが、それらを解決するモジュールがきっと登場することでしょう(他力本願)

3D-6
まぁでも、この電球色の光も嫌いじゃありません。むしろ好きだったりします。スポットに絞れば光はかなり飛びます。大型のリフレクターはそれなりの仕事をしてくれます。LEDモデルよりは暗いですし、燃費も悪いし、球も切れますが、それが今まで当たり前だった訳ですから酷く性能が悪いとは思いません。

3D-7
ワイドにすると現れるダークスポット。白色LEDのそれよりもやっぱり電球色のそれの方が雰囲気あってよいです。なお、電球モデルに標準装備しているホワイトスター電球は生産終了しましたが、ホワイトスターよりも明るいマグナムスターがモデルチェンジして継続販売となっております。なので、電球モデルとして使い続けても当面、球が無くなる心配はありません。ご安心ください。

3D-4
かつてのマグライトの良さを味わうのも良いですし、これからのカスタムモジュールに期待するのもアリです。通常販売品だったころは5000円を超えたこのモデルが今ならなんと税込み1980円!2000円を切った超特価販売です。在庫無くなり次第「本当に終了」となりますので、是非この機会をお見逃しなく!

MAGLITE (マグライト) 3-CELL D 単一電池3本使用 電球 ライト