NINOX2-1
SILVA (シルバ) NINOX2 ニノックス2 LEDヘッドライト

スウェーデンブランドのSILVAより新商品が入荷致しました。本日ご紹介するNINOX2はワンピースタイプのコンパクトモデルとして好評を博したNINOXの後継モデルになります。前モデルのNINOXがヒットした要因はなんといってもコンパクトであることと、ワイドにムラなく広がる「インテリジェントライト」が支持された為と思われます。NINOX2は基本コンセプトをそのままに明るさ、操作性を向上させております。

ブラックとグレーのモノトーンでクールなグラフィックが印象的なNINOX2はライトユニットとバッテリーユニットが一体化したワンピースタイプ。このタイプのヘッドライトとしてはとにかく小さいです。装着時に額にあたるベースマウントを除くとボディ自体の全長はわずか57mm 高さ28mmに光源となるLED及びそれを作動させる電子機器と単四電池3本が収まります。

NINOX2-9
バッテリーキャップを外して中を覗き込むと基盤にびっしりと付いた集積回路類を見ることが出来ます。この基盤のすぐ後ろに単四電池が装填されます。バッテリースペースはギリギリ。とてもタイトです。電子機器がむき出しなことを考えても使用中にガスの発生する可能性のあるニッケル水素充電池(エネループ等)の使用は避けた方がよろしいでしょう。

NINOX2-2
前モデルに比べ改善点の一つがスイッチボタンです。NINOXはボディの上面に小さなボタンがありましたが、NINOX2はバッテリーキャップの反対側に付いております。スイッチボタンは押しやすく厚手のグローブなどをしていても操作に支障はありません。NINOXのスイッチは収納時の「誤操作」を防ぐための形状でしたが、NINOX2のそれは操作性を優先させたものと思われます。

スイッチは一回押すとHiモード点灯、再度押すとLowモード、3回押すと点滅し、4回押すとHiモードに戻り以下ループ。消灯はスイッチ長押しとなります。消灯時からスイッチを長押しするとライトユニット中央に設置された赤色サブLEDが点灯します。消灯は白色LED同様スイッチ長押しです。

NINOX2-3
バッテリーキャップの形状も変更があります。新旧関係なく「原則的」にはヘッドバンドに付いた「オープナー」と呼ばれるツールをバッテリーキャップの凹んだ部分に挿して開閉を行うモノでした。しかし、前モデルのキャップはシッカリとした凹凸があり、指でつまんで回せてしまうのでユーザーがキャップ内部の接点やガイドを破損させてしまうケースがありました。今回のNINOX2は開閉部分のガイドとなる凸部がわずかにあるだけでオープナーを使用しなければ開けられない仕様に変更されました。なので、必ずオープナーを使って開閉してください。

NINOX2-4
オープナーの使い方。
オープナーをキャップの凹みに挿して反時計回りに回すとキャップが外れます。前モデルはキャップと本体がシリコン樹脂の紐のようなもので繋がっておりましたが、NINONX2は完全に分離します。電池の装填方向はボディ内部に表示がありますのでそれを参考に入れてください。
キャップが完全に外れることで補修パーツの供給という点ではこちらの方が望ましいと思いますが、如何せん小さなパーツになりますので無くす恐れがあります。その点だけはご注意して頂きたいです。

NINOX2-6
前モデルはヘッドバンドにコクーンと呼ばれるライト本体とバンドを収納するための「袋」が付いておりましたが、NINOX2にはその袋がありません。残念ながらコクーンシステムを採用したモデルはこれで絶滅しました。個人的には好きだったのですが、普通にバンドを折りたたんでも充分コンパクトになりますので「要らない」ってことになったようです。また、バンド幅も標準的な25mmから幅広の30mmに変更されました。よりシッカリと頭にフィットするようになりましたが、社外品のバンドの選択は無くなってしまいました。

NINOX2-5
肝心の光源部分ですが、2種類のメインLEDを搭載したデュアルLEDモデル。照射はレンズを使用しております。光源部分の仕様は先に発売された同社のTRAIL RUNNER2とほぼ同じです。正面向かって右側が高色温度のやや青白っぽい光で、左がやや暖色系のLEDが付いております。それらが同時に光ることでちょうど良い具合の色温度になります。これはかなり好みに左右されるもので良し悪しはありませんが、癖のない色温度に仕上がっております。

明るさがアップしたことで発せられる熱も増えました。その対策としてレンズの回りを囲むベゼルはアルミ製を採用。ヒートシンクとして連続点灯させるとこの部分が熱を持ちます。と言ってもMAX140ルーメンなのでチンチンに熱くなることはありませんが、ボディが小さく、構成パーツの多くが樹脂製の為、このようなパーツが付いております。

NINOX2-7
SILVAのインテリジェントライトは実にワイドでフラットです。人の視角に近いものになります。昼間のように明るく照らすことは出来ませんが、その視界はとてもナチュラルで見やすいものです。キャンプやトレッキングなど手元、足元をフラットに照らすことが出来るコンパクトなヘッドライトとしてはNINOX2はベストな選択です。
スイッチ、バッテリーキャップなど大幅に変更された部分がすべのユーザーにとって「改良」となるかは正直、微妙なところがあります。しかし、小さくて、軽くて、充分に明るいヘッドライトを作る為に考えられる限りの仕様したのがこのNINOX2です。

SILVA (シルバ) NINOX2 ニノックス2 LEDヘッドライト