P7_2-1
LED LENSER(レッドレンザー) OPT-9407 P7.2 LEDライト

世界的なヒットを飛ばしたLED LENSERの出世作とも言えるライト P7のアップグレードモデル [ P7.2]がリリースされました。これまで幾度もマイナーチェンジをしてきたP7ですが、今回は大幅な変更が施されております。

第一に明るさ!これまで200ルーメンでしたが、今回は320ルーメンにアップ。1.5倍以上明るくなったわけです。単四電池4本であれば、今でも200ルーメンは充分に明るいモデルですが、搭載LEDの載せ換えたことで、より先進的な明るさを手に入れました。
また、ボディはこれまでやや艶のあるブラックコートからつや消しに変更。グリップ時の感触が大きく変わりました。ややザラっとした触感と光を反射しないマットな風合いはこれまでのモデルとは異なるタクティカルな雰囲気を醸し出しております。

P7_2-4
テールスイッチボタンは従来よりも大きいモノに変わりました。ボタンのデザインも同社のロゴマークであるレッドサークルがモチーフになっております。スイッチは軽いタッチで操作が可能。ボタン自体が大きいので押し心地は良好です。操作方法は半押し時は常にブーストモード(最も明るい状態)になり、クリックするとHiモードから点灯、続いてクリックするとLowモード、3回クリックすると消灯します。ブーストモードはLowモード点灯時からも半押しすることで動作可能。必要に応じてブーストモードを使うことが出来ます。

P7_2-2
使用電池は単四電池4本使用。専用のカートリッジに装填します。カートリッジはテールスイッチに固定されており、テールスイッチと一緒に引き抜くことが出来ます。構造的な部分に関しては基本同じ仕様のようです。

P7_2-3
そして7.2の外観的特徴であるヘッドベゼル内の赤いリングのようなものですが、照射にはほとんど影響を及ぼしません。床におくなどして点灯させると若干赤色が反射しますが、実用上なんら問題の無い程度のものです。雰囲気は確かにカッコイイですね。こういうの流行っているのかな?

P7_2-5
P7_2-6
LED LENSER お得意のアドバンストフォーカスレンズはもちろん搭載。ヘッドを前後にスライドさせることでワイドスポットの切替が可能です。完全に絞れば光軸鋭いスポット照射になり、ワイドにすればフラットでワイドな円形の配光となります。フォーカスの無い単焦点のF1が登場したときは「こういう方向に行くのかな?」と思っておりましたが、やはり定番商品は相変わらず、とった感じです。

P7_2-9
昨年の同社モデルで一部採用されていたヘッドのロック機能ですが、P7.2には付いておりません。不評だったんか知らん?このサイズのモデルであれば、さほどヘッドのスライド幅もありませんので必要とされなかったのかも知れません。どちらにしろ、片手でクイっ、クイっとスライドさせることが出来るこのモデルは楽しいです。従来品よりも20gも軽量化し、より携帯性と明るさをアップさせたモデルに仕上がっております。元々P7がお好きな方であればきっと気に入ってもらえるモデルかと思います。

LED LENSER(レッドレンザー) OPT-9407 P7.2 LEDライト