KIZUMI-1

EIGER TOOL (アイガーツール) BL8402 カメラ傷 ホコリ確認用 LEDライト

新潟の工具ブランドEIGER TOOLの傷見用らいとをご紹介します。
こちらのライトはズーム式レンズを備え、ブルーとホワイト 2色のLEDを搭載した単四電池3本仕様のコンパクトなLEDライトです。ズームレンズはLED LENSERにあるようなスライド式のモノ。前に伸ばすとスポットになり、後退させるとワイドになるものです。完全に絞った状態だと発光体のシルエットがはっきり分かるほどスポットな照射になります。このライトの用途を考えるとワイドしか使わないような気もしますが、遠方へのスポット照射も可能です。

KIZUMI-2

2色の搭載LEDは仲良く並んで配置されております。これでちゃんと焦点あうのかな?と不思議に思いましたが、実際照射するとワイドの場合は全く自然な感じに色が切り替わります。最スポットだと位置がズレるのがよくわかります。そもそもレンズ式なのでスポットに絞った場合の配光はリフレクターモデルのような綺麗なモノにはならないので気になることはありません。なお、レンズ内に加工傷がたくさんありますが、照射には影響ないようです。

KIZUMI-3

テールスイッチはクリック式のテールスイッチ。クリック音がするまで押し込むと常時点灯、その後、スイッチボタンを半押しすると、青と白の選択が可能です。メモリー機能はなく消灯時のモードの次が点灯します。白で消灯したら次回点灯は青になります。半押しでの切替なのでスピーディーな操作が可能です。

KIZUMI-5

白色光と青色LEDの違い。おなじレンズ内に光源はあるので色によって配光が異なることはありません。このライトの青ですが、ロイヤルブルーのような「青」ではなく、UVチックなややバイオレットが混ざったような青です。近距離で白いモノに照射するとかなりブルーな気分にさせられます。あまり目に良さそうな色とは言えません。

KIZUMI-6

このライトの最大の売りである傷見の効果ですが、確かに傷を見つけやすいです。線状の引っかき傷や凹みなの歪み、欠けなど、クッキリと浮かび上がります。傷だけでなくホコリやカビなどカメラのレンズ内の異物を発見するのにも効果を発揮します。見たくなかったものが見えてしまう残酷な光です。

青色LEDが傷や歪みをシャープに見せる!
EIGER TOOL (アイガーツール) BL8402 カメラ傷 ホコリ確認用 LEDライト