D20A-1
SUNWAYMAN (サンウェイマン) D20A GEMINI LEDライト

SUNWAYMANより新商品が入荷しました。そのルックスはとびきり個性的です。
新しく入りましたD20Aは単3電池2本使用。先に発売されたC21C同様、白色LEDのほかに赤色のLEDを搭載したモデルです。白色LEDはCREE XP-G2 、赤色はXPE-P2となります。

D20A-4
全長102.5mm ちょっとゴツめのライターといったルックスです。四角くてゴツゴツとしたボディです。丸みを帯びたボディが一般的な懐中電灯とは異なる趣が感じられるデザインです。スイッチはメインのON/OFFスイッチとは別にモード切替用のスイッチを搭載。メインスイッチを1回短くおすと白色Hiモード点灯、長押しで赤色Hiモード点灯となります。モードはメモリー機能を搭載し、消灯時の明るさを記憶します。

D20A-3
単3電池2本使用するのですが、その装填、取り出し方法が変わっております。ヘッドを上向きにして垂直に持ち上げるとテール部分に収納されていたハンドルが垂れ下がるのでそのハンドルを持って回すとテールキャップが外れます。電池は上下二段に入れられております。プラスとマイナスの方向を確認し、電池装填後にキャップを圧入。ハンドルを回してキャップをロックさせる、、、、というギミックに富んだ構造です。これを見ると多くのライトが円筒形でスクリュー式のネジであることが非常に合理的であると感じるはずです。

DSC06783
赤色LEDは23ルーメン。白色と見るとさほど明るくないような数値に思えますが赤となると充分に明るいものです。C21Cの98ルーメンの赤が馬鹿明るいか、このライトと比較するとよくわかります。

D20A-6
白色光は208ルーメン。スムースリフレクターによる集光配光。配光はあまり広くはありませんが、中心光は明るく割と全体的に明るい感じです。2AAモデルとしてはずば抜けた数値ではありませんが、見た目ではいわゆる300ルーメンに近い2AAモデルと比較しても遜色ないか、むしろ明るく感じるかも知れません。新鋭のXP-G2でございますからその点は期待していいと思います。

赤は上記の通り「赤としては」明るいものです。フラットな面照射になるので遠方照射には適しておりません。足元、手元を照らすのに適した感じです。

D20Aはとにかく変わっております。いわゆるスタンダードな一本になることは決してないでしょう。むしろ「何処が何出しても大体同じ感じ」と懐中電灯に飽き気味の方には面白い一本かと思います。しかし、このライトを見るとその「大体同じ」になってしまう意味が分かるはずです。懐中電灯とは何なんだ!と秋の夜長考えさせられるライトであることは間違いありません。壁に赤い月を投射して考察に耽ってみるのも一興かと思います。

SUNWAYMAN (サンウェイマン) D20A GEMINI LEDライト