STYOUTOU-1
H2T 雷光小塔 3V MN01互換 ドロップインLEDモジュール

センセーショナルな登場をしたSUREFIRE 旧E系モデルのLEDモジュール H2T 燈(ともしび)から半年、期待に応える新商品が入荷致しました。品名は同社のハイルーメンモデルに冠される「雷光」を付けた雷光小塔です。燈は樹脂製のボディですが、雷光小塔は削り出しのアルミボディ。小指の先ほどの小さなボディにCREE XP-G2 LEDを搭載しております。

STYOUTOU-2
雷光小塔のサイズは全長18.5mm 全幅19mm。純正のキセノンバルブ MN01が全長19.8mm 全幅19mm。全幅はほぼ同じで全長は若干短いようですが、光源部分の構造はLEDと電球では全く異なります。雷光小塔はE1eのリフレクターの性能を最大限発揮出来る位置に光源が来るよう設計されております。

STYOUTOU-3
LEDモジュールのインストールは実にナチュラルでいい感じ。どこかが引っかかるようなこともなく素直にヘッドに納めることができました。

STYOUTOU-4
肝心の配光パターンは燈Eをそのまま明るくしたような感じ。中心が明るく周辺光が発生する集光型となります。明るい中心光はもちろん、周辺光の広さも素晴らしいです。明るさですが昼白色が120ルーメン、電球色が100ルーメンになります。数値上の差は個人的にはさほど違いがありません。色温度につきましてはお好みでお選びになって問題ないかと思います。

STYOUTOU-7
燈Eと異なる点の一つに使用電池があります。燈Eは使用電圧が3Vまで、つまりCR123乾電池のみでしたが、雷光小塔は明るさ重視の為、リチウムイオン充電地が使用可能です。弊社取扱品ではIMR16340 3.7Vが使用可能です。乾電池使用時よりも明るくなります。ランコストも明るさも同時にアップと言うことでユーザーとしては嬉しい限りかと思います。

STYOUTOU-5
お約束の蓄光仕様。消灯後にグリーンに淡く光ります。

STYOUTOU-6
E1eを100ルーメンクラスにバージョンアップ。単セルライトとしてはもはや100ルーメンでは満足できないよ〜、というユーザーもいらっしゃるかと思いますが、このサイズのモジュールに納めて且つ実用性を重視するとこれくらいの明るさに落ち着くようです。また、XP-G2であれば100ルーメンで常時点灯は余裕です。金属製のヘッドということもありますが、ほとんど熱を持ちません。実に高効率に電力を光に変換していることが分かります。E1eが発売された頃だったらチンチンに熱くなるルーメン数も余裕にこなせる時代になったのですから驚きですよね。

SUREFIRE E1eは既に絶版商品ではありますが、まだまだ根強い人気を誇るアイテムです。こうして光源を最新モデルに換装することができるE1eはこれからも活躍してくれることでしょう。

H2T 雷光小塔 3V MN01互換 ドロップインLEDモジュール