2211-1
SUREFIRE (シュアファイア) 2211 リストライト 充電式

SUREFIREからユニークなライトが入荷しましたモデル型番2211 リストライトです。
腕時計を付けるように手首に巻き付けて使います。遠目で見ると「なんか変わった時計付けてるなぁ〜」くらいの感じです。腕時計と見せかけて実はただのライトです!と見せかけて、ただのライトではありません!2211はハンドガンとの併用を前提としたタクティカルライトなのです。

2211-2
米国国内においては揺るぎない官公庁への納入実績のあるSUREFIRE社のライトは現場の警官や法執行官の要望を製品にフィードバックして開発、製造されております。この2211はまさに警官にターゲットを絞った製品といっても過言ではありません。


といった感じでポリスが使っているようです。動画にありましたルミノックスの時計が付いたモデルは大人の事情で日本で販売できません。なので、日本で販売できるのは「時計のようなライト」だけです。

スイッチはボディの両サイドにあり、いづれを押してもHiモードより点灯します。0.5秒以内に再度押すとLowモードになり、点灯後に両サイドのスイッチを挟むように同時に押すとMidモードに切り替わります。基本的には付けっぱなしで使うのがセオリー。ハンディライトのタクティカルモデルのように「付けたり、消したり」を繰り返すような運用とは異なり、「絶対的優位性」を持つ者が使うのが前提のように思えます。

2211-6
2211の配光はフラットなワイド光です。SUREFIREのタクティカルライトにありますTIRを使用したスポットな配光とは真逆の仕様です。2211は至近距離での使用、つまり屋内や住宅など閉鎖的な空間においてターゲットの全体像を照らすことを目的としております。また、照射される側からこの配光を見ると照射側は光に包まれ眩しくて直視することができません。180ルーメンといえど5m程度の近距離では非常に有効な配光です。

2211-3
ハンドガンとの併用を前提としておりますので遠方からの使用は考慮されておりません。屋内であれば扉など開けたりしなければならない場合、片手にピストル、片手にライトでは即座に対応できません。警官の立場になってみれば優先順位としてはライトよりもガンを握っていたいワケですから、片手がフリーなことは大変有効です。それゆえの「腕時計型」と思われます。

2211-4
2211は専用の内蔵型リチウムイオン充電地を使用しております。付属しますマイクロUSBコードでPCなどのデバイスから充電が可能です。また、ACアダプターもございますので壁面のコンセントから充電も可能です。ボディ中央にインジケーターがあり、充電状況が一目で分かります。PCで充電する場合はおおよそ3〜4時間程度かかるようです。

2211-5
肌身離さず持ち歩ける、言ってしまえば最強のEDC(Every Day Carry)ライトになるかも知れません。このルックスとこのライトが持つ本来の運用目的が気に入った方であればアリなアイテムです。実物を見た感じは思ったほど少年探偵団の秘密兵器っぽくはありませんでしたよ!

2211-7
と言うことで、ポリスマンなライトに拘るなら2211と併せて是非、R1 LAWMANUNR COMMANDERもご検討お願い致します。どちらもランコストに優れた充電式になります。

SUREFIRE (シュアファイア) 2211 リストライト 充電式