R15A-1
SUNWAYMAN (サンウェイマン) R15A 単三電池1本使用 LEDライト

昨日ご紹介したR02Aに続き同時期にリリースされました単三電池1本仕様のR15Aについてご紹介。SUNWAYMAN R15AはR02A同様ツイスト式スイッチを採用したシンプルなライトです。搭載LEDはCREE XP-G2 低Vfで高効率なLEDになります。単三電池1本でLow5 / Hi90ルーメンの2段階調光が可能です。カラフルなボディカラーが揃うR02Aに対して、R15Aはブラックとグレーのみ。モノトーンな組み合わせですが、どちらも渋いカラーリングです。ツイスト部にチラリと見える金色のカラーとブラックの組み合わせもカッコイイですが、個人的にはこのマットな感じのグレーがクールだと思います。

R15A-3
全長84mm 全幅17.7mm 単四電池モデルに比べると太いですが、このサイズは絶妙です。特に男性がユーザーの場合、1AAAの細身のR02Aよりも片手での操作はこちらの方が良好です。鍵束に付けたときの大きさも一般的な鍵よりも大きくなりますので「キーホルダー」としての存在感があって良いと思います。ポケットからちょっと出して片手で点灯させたりすることが出来ます。

R15A-5
低反射コートされたガラスレンズと細かな凹凸の付いたテクチャーパターンのリフレクターを装備。浅いリフとの相性では良好。ワイドに広がる拡散光です。キーライトに求めれる配光に仕上がっていると思います。ヘッドをボディ側に向かって締め込んでいくととLowモードが点灯し、さらに締め込むとHiが点灯します。

R15A-4
単三電池1本で90ルーメンは決して既にリリースされております他のモデルと比べると大きな数字ではありませんが、実用性、ランタイム重視の設定と思われます。明るさを抑えた仕様はR02Aと共通したモノがあります。

R15A-6
R02Aと同じコンセプトにも関わらずR15Aはなぜボディカラーのラインナップが2色だけなのか?恐らくはR15Aはメンズ向けに提案された商品でR02Aはユニセックスモデル、、、という感じではないでしょうか?1AAAモデルの方がツイスト式では人気が高い傾向がありますけどね。それはあくまでも弊社でのデータなので他所でどうだかは知りません。他にもカラーリングがあっても面白いのかも知れませんが、いづれ限定モデルとか、クリスマスモデルとか言って作ってきそうですよね。それはその時のお楽しみ。

R15A-7
1AA でMAX90ルーメン ランタイム2時間。充分明るく現実的なランタイム。単三電池1本でこれだけのスペックを出せるようになったのですから時の流れは恐ろしいものです。このサイズのライトになりますとテールスイッチモデルが人気なのですが、キーホルダーとして使えるモデルは実は少ないです。このR15A以外ですとPEAK EL CAPITANとか?それくらいしかパッと思いつきません。PEAK程レアなライトと比較するのは可哀想ですが、面白い仕様のライトだと思います。正直、R02Aとどちらにしょうか迷いますね。ユーザーの方が主に使用している電池がどちらか?で決まるのではないでしょうか。

R15A-2
迷う楽しみがあるのも良いライトの特徴です。
SUNWAYMAN (サンウェイマン) R15A 単三電池1本使用 LEDライト