R10A-1
SUNWAYMAN (サンウェイマン) R10A Elegance エレガンス 単三電池1本使用 LEDライト

SUNWAYMANからリリースされましたリーズナブルな1AAモデル R10Aについてご紹介します。
細かな切削と優れたボディデザインでお馴染みの同社の製品になりますが、R10Aのボディは極めてシンプルでスッキリとした外観をしております。このライトのコンセプトは「エレガンス」 気品あふれるお上品な懐中電灯です。まぁ、随分と思い切った名前を付けたものですが、無駄な凹凸のないルックスは確かにそんな雰囲気を漂わせる姿をしております。

R10A-2
ステンレスのベゼルリングより下の把持部には滑り止めの為のローレットやチェッカリングはなく、シルキーなBKHAがかかった円柱形をしております。スイッチに関しても既にリリースされておりますV11Rなどに見れれるデザインが踏襲されており、細かな部分を見ていくと全く新しいデザインのライト、、、というわけではなさそうです。むしろ、切削工程を減らし、既存のデザインを利用しながらコストダウンを図ったロープライスモデルといった側面が見えてきます。実際、同社のRシリーズはこれまでも比較的低価格のモデルがリリースされておりますので、こちらのR10Aも前例に漏れくことなくその線を走っているモデルになります。

R10A-3
リーズナブルにも関わらず搭載LEDは新鋭のCREE XP-G2。ボディ素材や風防レンズなどRシリーズ以外の商品と比較してもマテリアルで見劣りするものは一切ありません。むしろ、この仕様でこの仕上がりでこれでいいっすか?と聞きたくなるものだと思います。目新しさやゴテゴテとした派手さは皆無ですが、中身で勝負!といった気概が感じられるライトかと思います。

R10A-4
リフレクターは細かな凹凸の付いたテクチャー仕様ですが、リフは深く狭角な配光をイメージさせます。搭載LEDとの組み合わせもかなり良さ気です。R10AはHiモード140ルーメン、Lowモード30ルーメンの二段階調光モデル。テールスイッチを軽くタップすることでHi→Low→Hi→Low...をくり返し任意の明るさでスイッチを押し込むと常時点灯します。今方式はSUREFIRE社のエグゼクティブシリーズのLEDモデルによく似ております。モードは常にHiモードから始まり、消灯時のメモリー機能は付いておりません。Hi / Lowの切り替えが片手で行えるのでライトを構えた状態から最小限の動作でHiモードの閃光を照射することが出来ます。

R10A-6
全長100mm ボディ径22.5mm 単三電池1本使用のライトとしては標準的でコンパクトなサイズをしております。握った感触は実に普通。タップ式の調光ライトではありがちではございますが、スイッチボタン自体はやや遊びを残したやや柔らかな感触をしております。

R10A-7
配光は中心が明るく薄い周辺光が発生するスポット系。リフがテクチャータイプなのである程度距離が離れると中心光と周辺光の堺は曖昧になりさほど集光系を感じる配光ではなくなります。Lowモード30ルーメンでも光りはそこそこ飛びますので極端に暗いと感じることはありませんでした。1AAライトとしては充分明るく使いやすいモデルだと思います。

R10A-5
単三電池1本使用のEDCライトとしては非常に使い勝手が良さそうなモデルです。非日常的なストロボ点滅やSOS点滅は要らない、日常使用に使えるのに充分な性能と控えめでシンプルなデザインのライトを探している方であればこのライトはオススメです。フラッシュライトは男性のユーザーが多いのですが、そもそも懐中電灯に男女の差はないはず。それでもこのライトはユニセックスな雰囲気を湛えたエレガンスなライトであると思います。

SUNWAYMAN (サンウェイマン) R10A Elegance エレガンス 単三電池1本使用 LEDライト