archer-1

THRUNITE (スルーナイト) ARCHER 2A 単三電池2本使用 LEDライト
THRUNITE (スルーナイト) ARCHER 1A 単三電池1本使用 LEDライト
THRUNITE (スルーナイト) ARCHER 1C CR123A1本使用 LEDライト

スルーナイトの新シリーズArcher(アーチャー)が入荷いたしました。弓使い・射手の名を冠したこちらのライトは同社のジェネラルモデル ニュートロンシリーズのボディを使用した新型です。ボディはニュートロンシリーズのそれを継承し、搭載LED及びリフレクター、スイッチ、モード切替方法など多岐にわたって変更されております。似て非なるライトといった感じです。

archer-2
本日はニュートロンシリーズとの違いを比較しながらアーチャーシリーズをご紹介したいと思います。元々、ニュートロンはXML搭載のコンパクトライトとしては生まれが早く、弊社取り扱い商品の中では人気のあったモデルでございます。細かな凹凸の付いたテクチャーリフレクターとXMLのワイド拡散光は使い勝手の良さが好評でした。今回入荷したArcherは搭載LEDがXPG2 、リフレクターは鏡面仕上げのスムースリフレクターに変更されております。メーカーの謳い文句では遠方照射とタクティカル性が強調されております。よりスポットに、より鋭く刺さる弓矢の如く照射することを目的としたライトです。

archer-3
配光だけでなくスイッチも異なります。Archer半押しでの間欠点灯が可能です。ヘッドの部分を締緩を繰り返すことで点灯モードが切り替わります。つまり、ヘッドのモードを任意のモノに設定すれば、常にそのモードから点灯させることが出来ます。ヘッドを捻らない限りモードは切り替わることはありませんので普段から使用するモードが決まっているのであればこれはかなり便利です。スイッチボタン自体もぷっくりと膨れているので間欠点灯での押しやすさは優れております。

archer-4
単三電池2本使用の2Aではこのような違いがあります。手前が明るいニュートロン、奥が明るいアーチャー。セオリー通りの照射パターンになりました。アーチャーは集光系のライトになりますが、中心光が明るいだけのライトではありません。狭いながらも周辺光も発生致します。相当至近距離からの照射でない限り、中心光と周辺光の境はそれほどクッキリと分かれておりません。いい感じに少し拡散しております。リフ自体がさほど広くはないのが良いのかも知れません。逆に言えば「すごく遠く」を照らすにはさほど期待出来ません。

ボディサイズは最大で単三電池2本使用の2Aモデル。以下は単三電池1本の1AにCR123A 1本の1Cのみ。アーチャーには2Cは存在しません。このクラスのライトでは少々人気がないからかな?価格帯的にはニュートロンと近いものなので、「用途と好み」でユーザーが分かれそうです。一般的に選択しが増えることは喜ばしいことですが、さらに悩みが増えた、、、という方もいるのではないでしょうか?

THRUNITE (スルーナイト) ARCHER 2A 単三電池2本使用 LEDライト
THRUNITE (スルーナイト) ARCHER 1A 単三電池1本使用 LEDライト
THRUNITE (スルーナイト) ARCHER 1C CR123A1本使用 LEDライト