CF900-1
BIGBLUE (ビックブルー) CF-900 可変式フォーカス 充電式 LED水中ライト

昨日ご紹介したCF-250Mに引き続き新たにリリースされましたCF-900についてご紹介致します。

こちらのライトはBIG BLUE製品のハンディタイプでは初となるリチウムイオン充電地を使用した充電式水中ライトです。別体式の強力なバッテリーライトのようなアイテムは存在しましたが、ハンディタイプはCF900が初となります。真っ黒なボディとフラッシュライトらしい形状のボディはこれまでのBIG BLUE製品のデザインとは少し違った雰囲気を持ちます。水中ライトとしてはスリムでカッコイイ姿をしております。

CF900-2
CF900もフォーカスタイプのレンズを使用。ヘッドを捻る事でスポット、ワイドの切替ができます。最狭角は7°、最広角は37°となります。比較的照射範囲は狭め、といった印象です。実際、目標までの距離が無いと広く照らすのは難しそうです。最狭角に絞った時の全長は約19.3cm。

CF900-3
使用電池は同梱されております18650型のリチウムイオン充電地1本。電圧3.7V 2200mAの標準的なもの。プラス接点が凸型ですが、フラットタイプのものでも使用可能でした。充電する際は、ライトから充電地を抜いてチャージャーに差して行います。パイロットランプがレッドからグリーンに変わったら充電完了のサインとなります。

CF900-4
このライトの特徴の一つであるロータリー式のマグネットスイッチ。ユーザーから向かって左よりON/OF/SOSと記されており、一部凸ったレバーをそのマークの部分に合わせることにより動作します。左に回せば点灯、右に回せばSOSとなります。また、CF900はON/OFFを素早く行うことで4段階調光可能。マグネットスイッチを使用しておりますので水中でこの動作を行っても故障や浸水の恐れはありません。
スイッチの部分には誤動作を防ぐ為のスライド式のロック機能が付いております。初見でマニュアルを見ずに操作したらこちらをスイッチと間違えてしまうかも。ロータリー式のマグネットスイッチは水中ライトではオーソドックスなスタイルですが、調光となると少し珍しいかと。ただ、このモード切替方法はあまりやり易いとは思わないし、水中ライトで調光の必要性が微妙な気もします。せっかくロータリー式なら回転させる度に明るさを変えられるようにしたら良かったのに、、、と思ってしまいます。

CF900-5
ランヤードが付属します。コンパクトではありますが、比較的重たいライトなのでランヤードがあると便利ですね。

cf900-exposure1l
遠方照射にてかなり威力を発揮します。カタログスペック値の900ルーメンですが、ワイド拡散光系のライトに比べるとやはりやや物足りなさを感じることもあるかも知れません。確かに光りは飛びますし、ワイド時のフラットな照射は近距離の作業に適しております。水中の中で使用することを想定するならあまり透明度のよくない視界の悪い環境下での使用に適していそうです。レジャーと言うよりはサーチを目的としたプロフェッショナルユースに適しているかも知れません。

CF900-6
この角度からの長めがまたカッコイイ。タクティカルライトと言われてさほど違和感ないほどゴツくてスタイリッシュなデザインをしておりますが、お尻の突起をいくら押しても動作しません。この部分はただのランヤードホール。防水性や水圧を考えるとどうしてもプッシュ式のスイッチは構造上弱いので採用されないのでしょう。ビックブルーの製品のほとんどが100m防水可能な本格的なダイビングライトを目指して作られているので致し方ありません。

CF900は日々お仕事として水中ライトをお使いになる方にとってはランコスト的にはお安いものになるかと思います。如何せん充電式なのでイニシャルコストは高いのがネックですけどね。照射範囲が決して広くはないので水中撮影やレジャーでしたらFF1x5 AFO PLUS や FF4x5w AFOの方が向いているかな?

BIGBLUE (ビックブルー) CF-900 可変式フォーカス 充電式 LED水中ライト