TAZ1
LIGHT&MOTION TAZ (タズ)800 充電式自転車用LEDライト
LIGHT&MOTION TAZ (タズ)1200 充電式自転車用LEDライト

LIGHT&MOTION の自転車用 充電式LEDライト TAZ (タズ)をご紹介します。
先にご紹介した都市型コミューター用のURBANに続きご紹介するこちらのTAZですが、明るさ800ルーメンと1200ルーメンの2種類がリリースされております。価格的にはURBANより高く、さらにその上位にありますパフォーマンスクラスの一つ下となります。ただ、明るさだけをとればもはやパフォーマンスモデルと大差のないスペックを持っております。あくまでも用途的なところで差を付けているだけで製品性能が大きく落ちるわけではないようです。何より充電池一体型のワンピースモデルではかなり明るいモデルになります。

TAZ9
TAZのボディサイズは全長が105mm 全幅が53mm やや扁平な形をしており、レンズ部分は楕円形をしております。重量は約216g で800、1200共に同じです。充電式のワンピースモデルとしては結構ギリギリといった感じもします。URBAN同様ボディのサイドにオレンジ色のレンズがあり、横方向へのアピールも可能です。

TAZ8
メインの前照灯のスイッチとサイドランプスイッチは別々に設けられております。サイドランプに関しては消灯した状態で使用することも可能です。ただし、サイドランプだけを光らせることは出来ません。メインスイッチをONにした状態で初めて操作が可能です。メインスイッチのボタン内部にはバッテリー残量を知らせるインジケーターが内蔵されており、緑(元気いっぱい)→オレンジ(減ってきたよ〜)→赤(そろそろ充電して〜)→赤点滅(やばいよ!きれちゃうよ)と変化します。TAZは照度維持機能があり、消灯ギリギリまで明るさを維持してしまうのでインジケータの状態を確認して充電を行ってください。うっかりするといきなり消えてしまいますよ。URBANに比べると大きくて見やすいのがポイントです。

TAZ5
実際に品物が届くまで2灯だと思っていましたが3灯でした。クリアレンズで覆われた2灯+ フロストレンズ(曇りガラス)に覆われた1灯の計3灯。恐らく全部同じLEDでCREE社のXM-Lと思われます。搭載LEDは800、1200ともに共通。リフレクターは鏡面仕上げのスムースタイプ。風防レンズは衝撃に強いポリカーボネート樹脂を使用しております。

TAZ7
充電はURBAN同様ボディ底面にありますUSBポートに付属のマイクロUSBを挿して行います。ポートを開ける際はハンドルブラケットを90度ひねって行ってください。ポートを覆うフタにはOリングが付いており防滴性においても悪くなさそうです。

TAZ6
ハンドルブラケットは分厚いゴム製。一度ブラケットのリングにゴム通して頂いて引っ張って留めます。URBANに比べると一手間かかりますが、こちらの方がガッチリしております。ゴムもTAZの方が幅広で丈夫です。

TAZ10
しかし、それだけでは心配だ!という方は付属の滑り止めテープをハンドルに貼ってください。裏側はテープになっておりましてこちら側を剥がしてハンドルに巻きつけます。ロードバイクなどバーテープを巻いたバイクであれば必要ないのかも知れませんが、グリップハンドルのバイクにはこれを巻いた方がより一層強固にライトを留めることが出来ます。サメ肌チックな滑り止めなので、URBANにも使いたいかも。スモールパーツとして入らないかしら?

TAZ2
屋外での照射画像。正面からのHiモード照射になります。結構下向きにしておりますが、オートバイのそれとさほど変わりません。かなり眩しいかも。800と1200の際は中央の最も明るい部分と一番外側の周辺光に違いがあるように感じましたが、、、

TAZ3
実際にライダーから見ると全体的に若干1200の方が明るいように見えました。さほど照射面の部位によって明るさの違いを感じません。一様で均一なワイド光といった感じです。こうして写真で見ると周辺光も確かに違いますが、走行中は前方に視線が行くのでそれほど大きな違いを感じませんでした。道の広さや場所によっても違ってくるとは思います。

TAZ4
TAZシリーズの魅力はそのワイドな配光と明るさ、そしてハンドルマウントが許される大きさかと思います。反面、欠点もあります。それは充電時間の長さです。USB充電は簡易的で便利ですが、充電速度が遅く時間がかかります。URBANの約2倍に及ぶ充電池を満たすにはUSB充電で14時間もかかります。スマートフォンなどで利用されているUSB/ACアダプターに差して充電しても約8時間。かなりの時間を要します。日々使用することを前提とした運用では結局明るさを落としたりフラッシングさせるなど省エネに心がけなければなりません。もちろん、使用時間が短ければ継ぎ足し充電することでそれほど気にはならないのかも知れませんが、充電時間の長さはある程度覚悟する必要がありそうです。

TAZはURBANなどに比べるとかなり趣味性の高いアイテムに思えます。バッカ明るい光をドバーっと照射しながら多摩川のサイクリングロードを爆走している人をたまに見かけますが、そんな方にはおススメしてもいいかな?昔に比べればこの明るさのライトがこの価格で買えるは驚愕なのですが、そうはいっても安いものではありません。そういう意味でもやはりTAZはホビーユース向けのアイテムだと思います。

楽しむ時は、惜しみなく光らせて走りたいものです!

LIGHT&MOTION TAZ (タズ)800 充電式自転車用LEDライト
LIGHT&MOTION TAZ (タズ)1200 充電式自転車用LEDライト