LMALL
USAメイドの自転車用ライト LIGHT&MOTIONからURBANシリーズの新作とTAZシリーズが入荷しました。

バイク、ダイビング、トレッキングなどアウトドアスポーツシーンでの利用を前提としたハイスペックライトをリリースするアメリカのライトメーカー LIGHT&MOTIONの新作はどれもライドに出かけたくなるばかりです。しかもすべてUSB充電が可能なリチャージブルモデル。ランコストに優れ、コンパクトで明るいライトが揃っております。

URBAN1
URBANシリーズはその名の通り、都市部でのコミューターとして活躍する自転車に取り付けることを前提としたライトです。長距離を長時間かけて走るライドではなく、通勤や通学など長くても1〜2時間程度の間でストレスなく明るい光を照射し続けることがこのアーバンシリーズのコンセプトです。その為、充電池容量に過度なスペックを要求せず、よりコンパクトで軽量なボディに仕上げております。専用のリチウムイオン充電池を内蔵したワンピースモデルなので取り付けは非常に簡単かつハンドル周りもスッキリとさせることが出来ます。ボディに取り付けられた分厚いゴムブラケットは様々な太さ、形状をしたハンドルにマウント可能。

URBAN2
充電は付属のUSBケーブルで行うことが可能です。市販されるマイクロUSBも使用可能なので、PCやAC変換アダプターに差し込むことで充電が可能です。USB充電で約5時間でフルチャージ。通勤ユーザーであれば勤務中にデスクで充電し、帰宅時は満充電の状態で帰路につくことが出来ます。いつでも明るく、Hiモードを惜しみなく使える喜びがこのライトにはあります。前モデルと異なるのは明るさがちょっと向上し、各クラスのボディーカラーが2色い増えたとこと。カラーリングもシックでオシャレなモデル揃っております。単三電池1本使用のライトとさほど変わらない程度の大きさでありながら、最もロースペックのモデルでも200ルーメンからあり、400、550とそのボディサイズからは想像出来ないほど明るい光を放ちます。使用充電池は各クラスで共通の物を使用しているので、充電頻度や連続使用時間などユーザーの要望に合わせて選んで頂ければよろしいかと思います。都心であれば200ルーメンでも充分に明るいと感じますよ!

アーバンは照度維持に優れ、消灯間近まで初期照度を維持するタイプのライトです。ボディ後方に小さなインジケーターがありますので赤くなったら早めのリチャージを心がけてください。リチウムイオンなので継ぎ足し充電でも電池スペックを損なうことは殆どありませんので、毎日職場で充電されるのもアリかと思います。充電池は500〜1000回の繰り返し充電が可能。充電池の交換は残念ながら出来ませんが、一年中毎日使っても2年ほど使えるので、同じ明るさとランタイムを実現するのにかかる乾電池代を考えれば充分ご納得いただける価格かと思います。

LIGHT&MOTION URBAN (アーバン) 200
LIGHT&MOTION URBAN (アーバン) 400
LIGHT&MOTION URBAN (アーバン) 550

TAZ
そしてこちらが、新シリーズTAZ (タズ)。都市型コミューターとレースなどで使用されるパフォーマンスモデルの中間となるクロスオーバーモデル。モデルは2機種、800ルーメンと1200ルーメン。市街地での使用では少し憚れるような明るさのクラスになりますが、URBAN同様充電池内蔵のワンピースモデルです。URBANに比べるとやや大きなボディとなりますが、単三電池4本程度を使用するモデルと比べるとまだまだコンパクトなサイズになります。

と言うことで、TAZに関してはまた明日以降詳しくご紹介したいと思います。どうぞお楽しみに。

LIGHT&MOTION TAZ (タズ)800
LIGHT&MOTION TAZ (タズ)1200

LIGHT&MOTIONユーザーの皆さまに朗報です。これまでゴム製のハンドルブラケット単体の販売はありませんでしたが、今後スモールパーツの供給もされるそうです。年内の販売は難しそうですが、近く詳細が分かると思いますのでその際は改めてご紹介したいと思います。