D400-1
DOSUN (ドゥサン) D400充電式 自転車用 LEDライト

DOSUNのバッテリーライトシリーズDシリーズにお買い得なモデルが追加されました。
モデル名はD400。型番の数字を見ても分かりますように400ルーメンのライトになります。日本では先行して発売されたD600に続き発売される形となりましたが、その位置づけとしては「バランスタイプ」がこのD400になります。充分な明るさとランタイム重視の設定となっております。

自転車用のライトでここ数年で劇的に明るくなり、また円高も手伝ってか価格もだいぶ落ちてきた感じがします。少なくとも3年前に400ルーメンで5.5時間の実用点灯のありますLEDを光源としたバイクライトはあまり無かったのではないでしょうか?しかも1万円を切るお値段では無かったことでしょう。充電器を使用しました自転車用ライトの場合、ついつい最大照度に目が行ってしまいますが、「400ルーメン」という数字が決して暗くは無いことを、この手のライトを使ったことがある方ならご存知でしょう。

D400-3
ヘッドデザイン、使用充電池、付属品ともにD600と変わりありません。外見的にはヘッドのラインがオレンジかグレーの違いだけです。操作方法も同じでヘッドから延びるリモートスイッチで操作します。共通パーツがほとんどなので使い勝手の良さは良いですね。操作方法の詳細についてはD600の記事をご参照ください

D400-2
唯一の違いは搭載LED。D600がCREE MC-Eなのに対してD400はXM-L を使用しております。充電池が共通なのでXM-Lであれば、単発でも600ルーメンは出せそうですが、敢えて400ルーメンに抑えることで高効率LEDの特性を活かしたロングランタイムを狙っております。D600がHiモードで3.5時間なのに対してD400が5.5時間。2倍まではいきませんが2時間の差は大きいでしょう。Dシリーズは電池が切れる直前まで照度を引っ張るタイプなので使用環境にもよると思いますが、長距離を充電なしで走行するのであれば、こう言ったモデルをチョイスするのもありだと思います。頻繁な充電が面倒と思う方にもおススメです。

d400-exposure1l
D400 Hiモードの照射。ハンドルの近い所からワイドに広がるDOSUNらしい配光です。路面を効率的に照らすカットオフリフレクターも好調です。

d400-exposure2l
手前と少し先、そしてさらにその先を照らす独特の配光。確かにD600よりはものすごい明るさを感じる訳ではありませんが、4AA(単三電池4本)のA2A250に比べれば明るく、さらに点灯時間が長いのであればありかな?と思わせてくれる明るさです。これからの季節であれば、寒さに強いリチウムイオン充電池が活躍することでしょう。

冬の空気を胸一杯に吸ってD400と共にツーリングに出かけてみては如何でしょう?

DOSUN (ドゥサン) D400充電式 自転車用 LEDライト