KNC-SPOT1
STREAMLIGHT (ストリームライト) 010SR ナックルヘッド スポット

ストリームライトの充電式ライト サバイバーシリーズに新たな仲間が加わりました。昨年発売され、人気を博したナックルヘッドの集光モデル「ナックルヘッド スポット」です。一見するとこれまでのナックルヘッドの色違いにしか見えませんが、光源の部分、つまりナックルなヘッドにご注目。二つ目が一つ目になっております。イエローのナックルヘッドがフラットなワイド光なのに対して、「SPOT」は文字通り強烈なスポット光照射になります。配光は同社のサバイバーLEDと同じで、トーチルーメンは8割増の明るさになります。また、配光以外にも相違点はいくつかございます。

KNC-SPOT2
側面から見ますと背面部のアクセサリーの違いが伺えます。ナックルヘッドはヘッドに近い部分にあの強力なゴムマグネットを装備しておりますが、スポットは下方にそれがあり、上部にはサバイバーにも付いている大型のクリップが装備されております。代わりに従来モデルに付いておりましたフックは無くなっています。

KNC-SPOT3
この通り、背面を見るとかなり違っております。ナックルヘッドスポットのカラーリングを見る限りサバイバーLED的な使用用途を前提としていると思えます。つまりファイアーレスキュー系のライトになります。サバイバーLEDは今後とも併売されるようですが、メインストリームはこちらに移行するかも知れません。

KNC-SPOT4
ナックルヘッドのこのマグネットを知っている人ならばその強力さをご存知かと思いますが、このスポットのそれも相変わらず強力です!スチールなどにはバチーンとくっ付きます。防火扉やシャッター、車両のボディなど対して充電池込み669gのライトをガッチリと貼り付けます。マグネット部はゴムなので対象を傷つけることもありません。この心難い配慮にストリームライトの誠実さを垣間見ます。

KNC-SPOT5
Hi180ルーメン、Low55ルーメンの2段階切替 照度維持に優れ、消灯ギリギリまで最大照度を維持します。専用の充電池を使用するとHiモードで3時間半、Lowモードで16時間使用可能です。ストリームライトはルーメン値的に派手な数字ではありませんが、その性能と実用性はファイアーレスキューの現場で支持された実績に裏打ちされております。煙の充満する室内に置いて少しでも光を届かせようとする為の集光配光です。

KNC-SPOT6
ライト本体はさほどコンパクトではありません。ボディの大半を占めるのは充電池になりますが、昨今のコンパクトなモデルを見慣れていると少々デカク感じます。ボタンは大きく消防用の分厚い耐熱グローブをしていてもその操作を誤ることがありません。ナックルヘッドの名称の通り、ヘッドは上下左右回転とグリグリと動かすことが出来ます。チェストマウントさせた状態でヘッドだけを動かして対象を照らすことも可能です。サバイバーLEDにはなかった機能が現場で活かされることもあるでしょう。

KNC-SPOT7
ナックルヘッドスポットは充電器、充電池を含むフルセットと、アルカリ単三乾電池4本のカートリッジのみ付いた乾電池モデルの2点があります。ナックルヘッドは充電池が切れた時の為の乾電池カートリッジが付属し、予備電源として携帯しやすい形状をしております。サバイバーシリーズ共通の充電池はチャージャーにかけっ放しでも過充電や劣化の恐れはありません。いつでもフルチャージの状態で出動の機会を待つことが出来ます。残念な点として付属のはシガーソケットプラグが12V車専用というところ、日本の多くの消防車はトラックをベースとしているのでバッテリーが24Vなんですよね。汎用性を含めて代理店は12V用にしてくれたんでしょうが、出来れば24V用も入れて欲しいですね。

弊社の取り扱いますストリームライトは国内正規品です。弊社でご購入のお客様の製品は、購入後のアフターパーツの入手、パーツ破損の修理依頼も承っております。どうぞご安心してガンガンお使いください。

STREAMLIGHT (ストリームライト) 010SR ナックルヘッド スポット 充電式LEDライト