P2XD-1
SUREFIRE FURY DEFENDER (フューリー ディフェンダー)

SUREFIREのFURYシリーズが入荷中。
これまでデュアルアウトプットモデルのFURY のみでしたが、6PX時と同様、ヘッドやボディの形状などが異なる派生モデルが続々登場します。本日ご紹介するFURYはストライクベゼル付きのディフェンダー(型番:P2XD-A-BK)です。SUREFIREが商標を持つこの厳つい名前のパーツの正体はヘッドから突き出た突起物のことです。これまでPorcupine(ポーキュンパイン※ヤマアラシの意)を含めSUREFIREからは数々のモデルがリリースされております。近年はだいぶその種類も減りましたがSUREFIREのスピリットを受け継ぐモデルとしてFURYにも登場したのは嬉しい限りです。

P2XD-2
さて、概ねFURYとの相違についてはこのストライクベゼルが付いている他は調光が出来ないシングルアウトプットであること、この二点のみです。明るさは500ルーメンのみ。いわゆるタクティカルライトの場合、調光の必要はなく常に100%の照度を瞬時に発揮するレスポンスの良さが求められます。その要求に対してP2XDはシンプルかつ的確い応えております。

P2XD-3
スイッチはクリックオンタイプ。半押しで点灯、消灯が可能なモーメンタリー機能に加え、クリックすると常時点灯する簡便さを備えております。操作のすべてを片手で行い、状況に併せて点灯状態を変えることが出来るフレキシブルなスイッチです。完全なタクティカルライトに比べやや利便性を残したこのスイッチは別売りスイッチで最も人気のあるZ59と同じ機能を持ちます。接点バネの丈夫よりも日常使用における便利さを優先したモデルであることが伺える部分です。スイッチはさほど固くはなく、女性が扱ってもその操作に不便を感じるようなものでありません。

P2XD-4
搭載LEDはCREE XML この点はFURYと同じ。リフレクターは細かな凹凸が付いたもの、風防レンズは低反射コートされたガラスレンズが使用されており、ストライクベゼルは落下時のレンズ保護の役目も同時に果たしております。

P2XD-6
先にリリースされております6PXDと比べるとヘッド先端部の太さが目立ちます。回転防止の全幅部の大きさはほぼ一緒ですが、二つを並べるとその迫力と威圧感は歴然としております。

P2XD-7
ワイドかつ強力な中心光。屋内外を問わず広い面を照らし且つ、対象となる中心部を的確にとらえるXMLの特徴を遺憾なく発揮させた配光です。

P2XD-5
次回はFURY TACTICAL をご紹介。残るアイテムはP2XZ COMBATLIGHTのみかな?FURYシリーズが揃い踏みするところが早く見てみたいものです。



SUREFIRE (シュアファイア) P2XD-A-BK FURY DEFENDER LEDフラッシュライト