ff1p-1
BIGBLUE(ビックブルー) FF1x5 AFO PLUS 100m防水 450ルーメン 水中ライト

絶賛サマーセール開催中のBIG BLUEですが、今回新たに新商品もSALE対象品に仲間入り!単灯450ルーメン 4AA(単三電池4本)使用、フラッシュ点灯によるオートOFFモード搭載のFF1X5 AFO PLUSです。

冴えた青が印象的なこちらのモデルを本日はご紹介たします。
数多あるダイビングライトのなかでのBIG BLUEのモデルはとてもユニークな姿をしております。おおよそ、懐中電灯らしい姿をしておりません。地上になはい浮遊感のある「自由」が存在する水中での使用が想定されたライトです。ティアドロップ型のボディデザインはこれが普通のライトではないことを強く主張しております。

スイッチはロータリー式でヘッドとボディをつなぐ黒いリングがそれになります。スイッチ自体はマグネット式なので機械的な操作になりません。スイッチ本体はヘッド内部にあり太い2つのOリングによって守られております。水中でスイッチを操作しても全く防水性に問題はありません。

ハンドルはぶら下げてもつような感じになります。ダイビングの際、グローブをして使用することを前提としておりますので握りやすいようこのようなハンドルがついております。ちなみに、このハンドルもアルミ合金の削り出し。指がかかりやすい形状に加工されております。取り付けはネジ式。ハンドルの他に水中カメラハウジングに装着可能なボールジョイントも付属します。

ff1p-2
搭載LEDはCREE XM-L 1灯ですが450ルーメンを発揮します。なんだかLED素子がデカく見えますが、これはこのライトが搭載するレンズに関係します。こちらのライトのレンズはただの風防ではなく、やや凸状のレンズになっております。一応リフレクター的なものはついておりますが、照射光は完全な面配光。このFFシリーズは水中での撮影用ライトとしての性格が強く、撮影時のピントが合わせやすいよう対象を面で捉える仕様となっております。全面風防の端にあります黒い小さな丸がAFO Automatic Flash-Off(ストロボ感光自動消灯機能)です。ストロボがたかれると自動的にライトが消灯し、3秒後に自動点灯します。

ff1p-3
このメーカーの削り出しのボディのライトに触れるとヘッドとボディの適合性に驚かされます。100m防水を実現する性能はただ単に太いOリングを使うだけでは実現できないのかもしれません。

ff1p-4
電池は単三電池4本を専用のカートリッジに装填してヘッドに差し込みます。電池が衝撃で外れることを防止するスリーブまで付属します。そもそもこの形にする必要があるのか微妙ですけ面白いです。

ff1p-5
ホック式の接点。通常の懐中電灯だとヘッド側とテール側からバネで押してハウジング内に電池を固定しますが、このライトは特異な形状のためそれができません。なので、このような他ではまず見かけない不思議な接点を採用しております。あの流線型のボディの中身が実は殆ど空っぽというのがシュールです。

ff1p-6
意外とコンパクト。重量は電池込みで500gほどありますが、水中ではとても軽く感じられることでしょう。これくらい小さいと他の装備品と合わせてもさほど荷物にはならないと思いますよ。

ff1p-7
FF1X5 AFO PLUSの配光。LED LENSERのワイド光的なフラットな円形の配光。遠くを照らすことはあまり得意ではありません。あくまでも近くを明るく均一に照らすことが目的となります。

ff1p-8
水中ライトの中でも水中撮影に特化したモデル。水の中でライトを使う機会や用途は地上で使う懐中電灯のそれと変わりはないくらい多岐わたると思いますが、ホビーユースとして使われるのであれば、やはり水中撮影はその代表と言えるものでしょう。美しい海の中でなければ撮影できな貴重かつ至福の時間、美しく神秘的な世界を切り取るのにこの水中ライトはきっと役立ってくれることでしょう。

BIGBLUE(ビックブルー) FF1x5 AFO PLUS 100m防水 450ルーメン 水中ライト