G2-1
BUSHNELL(ブッシュネル) BACKTRACK バックトラック G2 GPSロケーションファインダー

新型のバックトラックが入荷しました。現在売り切りセールをしております商品の後継モデルでございます。こちらの新型の特徴としてはボディデザインが大きく変わりました。従来型は大きな懐中時計のような丸い姿をしておりましたが、新型は卵型、オバQの後ろ姿見たいな可愛らしいものです。サイズは一回り小さくなった感じ、コンパクトでより持ちやすい形状になったと思います。

G2-2
カラーは現在3色。ブラック、グレー、オレンジ。ボディカラーに合わせてボタンの色も違います。ボタンはボディラインに沿うようにデザインされており、親指と人差し指が自然とかかります。ちょっと大きめのストップウォッチって感じが一番しっくり来るかな?ボディ本体の持ちやすさは実感出来ますね。

基本性能に関してはやはり従来モデルと変わりません。3か所のメモリー機能があり、出発地点を予め登録することで、出発地点を離れたのちにメモリーを読み込むと出発地点までの進路と距離が表示されます。地図データを必要としない為、表示はとてもシンプルです。もちろん、海外でも使用可能です。視界の利かない環境や、再び訪れたい場所の記録などに有効です。

G2-3
電池は単四型電池を2本使用。基本的にはナビゲートを確認する時だけ起動させます。無操作時間が10分を超えると自動的に電源OFFとなります。電源が切れてもメモリーは消えませんのでご安心ください。

G2-4
バッテリーケースを開け閉めする時の注意点ですが、蓋は写真のように押しながらロックをスライドさせてください。電池が入っている状態と入っていない状態ではロックの硬さが違います。

G2-5
GPSの受信状況ですが、液晶画面の右側にありますパラボラアンテナのアイコンが「点滅」している時は受信状況が悪い状態です。建物の中に居たりすると上手く受信できません。このアイコンが「点灯」した状態が正常な受信状況となります。街でも使えるGPSですが、周囲を高いビルに囲まれた細い道などでは上手く受信できません。少し視界の開けた大きな道に出ると上手く受信出来ました。逆に枝葉が茂る森の中では問題なく使えるケースが多く、市街地での利用よりはアウトドアでの利用に適しているようです。

G2-6
従来機同様 バックライトが付きます。夜間の視認もばっちりです。この手のナビゲーターが一番その力を発揮するは視界が利かない環境での使用。目的地まで目安となる対象物が見えない場合はナビが頼りとなります。ソロで移動するトレッキングでは強い味方となります。

G2-7
別売りのカラビナなどを使えば携帯にも便利。ベルトループやリュックのハーネスに付けることで簡単にナビを見ることが出来ます。従来モデルでも機能は十分でしたが、さらに小さくなったことで携帯性が向上したのはうれしい限りです。「出かけるときは忘れずに」ポイント登録。大自然の中を、外国の見知らぬ街を迷う心配をせずに歩きまわれます。シンプルなナビですが、ユーザーの使い方次第で世界を広げる魅力的なツールとなります。

BUSHNELL(ブッシュネル) BACKTRACK バックトラック G2 GPSロケーションファインダー