JETTI
JETBEAM(ジェットビーム) TC-R1 無段階調光 チタンボディ LEDライト

JETBEAMよりチタン合金を使用したの限定アイテムが入荷しました。モデル名TCR1 光の当たり方でチタン特有の鈍い輝きを放つボディをしております。基本的スペックは同社のRRT01と同じ。操作方法やサイズに関しても同じものと思っていただいてよろしいかと思います。ボディの材質とデザインのみが異なります。

JETT6+
アルミボディのRRT01とはかなりデザインが異なります。調光リングの辺りはなんだかSUNWAYMANのようです、、、。ボディのパイナップルの表面のようなざっくりとしたチェッカリングですが、チタンはアルミに比べ遥かに加工が難しい金属です。その為、仕上げの研磨をし易くするためにこのような溝の広いデザインになったものと思われます。アルミと同様の目の細かなローレットを付けようとすると、恐らく溝がつぶれてしまうと思います。また、表面も無駄にザラザラになるので実用性よりもコレクション的な意味合いを持つチタンモデルの場合はそう言った加工は避けられる傾向にあります。

なので、このようなややざっくりしたデザインになったのではないかと思います。

JETTI1
とは言え、各部の仕上がりはかなり細かくよくできております。好みがあるので何とも言えませんが、カタログで見ていたよりはカッコ良かったです。付属のクリップも、もちろんチタン製。チタンマニア垂涎の仕様となっております。

JETTI2
搭載LEDはCREE XM-L T6. CR123A使用時はMAX 220ルーメン、リチウムイオン充電池RCR123A時はMAX 500ルーメンとなります。電圧は高いたがアンペア数の少ない充電池の場合、パッとものすごく明るくついてパッと暗くなる感じです。トータルランタイムでわずかに20分。しかもフルタイムの連続点灯ができません。それをしてしまった場合、熱による機器へのダメージが予測されます。熱くなってきたな、、、と感じたら明るさを落して使うのがベターです。

JETTI5
リフレクターは独特な形状をしたスムースリフ。LEDにCREE社のXMLを使用しておりますので基本的には拡散系のワイド配光となります。特に周辺光の広がりに関してはよくできております。中心光に関しましても距離が離れるほどにその存在を意識しないほど綺麗に拡散していきます。CR123A使用時の220ルーメンでも十分過ぎるほど光の広がりを明るいライトです。レンズはもちろん低反射コートされたガラス製。透明度の高いベゼルからの眺めは見ていて飽きないものがあります。

全長81mm 電池を含む重量は約85g チタン合金の為、サイズの割には少し重いです。決して使用や携帯に不自由する重さではありませんが、チタン製品=「超軽い!」ということはありません。鉄よりは軽いがアルミよりは全然重いものです。鉄製(ステンレス製)の懐中電灯自体がかなり稀な存在なので実用面だけを比較するとチタン製ライトにメリットはほとんどありません。

ただ、、、どうやってもチタンモデルの誘惑に勝てない時があります。
丈夫であること、変わらないモノへの憧れ、男子の遺伝子に刷り込まれたチタンへの憧れがそうさせるのか、、、何れにしてもチタンモデルのライトはその輝き同様不思議な魅力を放ちます。個数限定の特別モデルです!

JETTI4
JETBEAM(ジェットビーム) TC-R1 無段階調光 チタンボディ LEDライト