ML100-11
MAGLITE(マグライト) ML100 2C LED 単二電池2本使用 LEDライト

MAGLITE(マグライト) ML100 3C LED 単二電池3本使用 LEDライト

懐中電灯の代名詞 マグライトの新商品が入荷しました。前回の新商品は単四電池モデルXL200などのコンパクトモデルが続きましたが、今回は単二電池モデルです。少々微妙な電池を使用しておりますが、これがなかなか面白いライトです。最初はただの電池違いのライト、Dクラス(単一電池使用モデル)を小さくし、LED化したライトかと思っておりましたが、内容的にはかなり違っておりました。

ML100-12
ボディの把持部は従来のキセノンのモノとほぼ変わりません。単一電池モデルと比べると細く、日本人の手にはCタイプの方がしっくりくる感じです。ヘッドに関しては小さくより深いリフレクターに変更されております。全体的にシュっとした感じに仕上がっており、このシュっとしたヘッドこそがこのライトの魅力を引き出す最大の武器となっております。

ML100-14
メーカーの公称照射距離が2Cで307m、それは無いだろと思っておりましが、、、遠方照射能力だけを見れば、ひっとするとこれは本当かも知れない、、、と思ってしまうほど最スポットの状態では光が飛びます。ルーメン値は137ルーメンと最新モデルのそれとしては決して高い数値が書かれておりませんが、ルーメン値と照射距離はイコールではありません。

この細く深いリフレクターは搭載LED CREE XP-Eと相まってそのスペックを最大限に発揮しております。ヘッド焦点調整は従来品と同じ。クルクル回すことでワイド、スポットの切替が行えます。ワイドにすると中心にダークスポットが出来るあれです。久しぶりに見ると懐かしさすら感じてしまいます。このライトに関してはやはり最スポットで使い続けるのが最も適していると思います。

ML100-15
スポットな光と同時に屋内であれば周辺光も確認出来ます。オーソドックスなリフレクター式の配光ですが、マグライトらしいと言えばらしいものです。

このスポットな照射能力だけであれば、すでに発売されておりますDシリーズとさほど変わることはないかも知れません。しかし、ML100にはフルパワー、パワーセーブ、ストロボ、SOS、間欠点灯の5モード4ファンクションのいづれかを自在に設定することができます。その方法はさほど難しくはありません。ちょっと風変わりなだけです。

ML100-16
工場出荷状態ではファンクション1に設定されており、1クリックでフルパワー、2クリックでパワーセーブ、3クリックでストロボ点滅、4クリックで消灯。ファンクションの切替はテールキャップを緩めた状態でスイッチを押し、押し続けた状態から再びテールスイッチを締めるとLEDが点滅します。点滅回数がファンクションの種類を意味し、1回ならファンクション1、2回ならファンクション2、といった具合にファンクションを切り替えることが出来ます。ややアナログな感じの切替方法ですが、スイッチを何秒間に何回押す、、、などの方法に比べればはるかに簡単です。あなたがするべきこと、それはマニュアルをよく読むことだけです。(※ちゃんと日本語でも書かれております)

単二電池2本使用の2Cと3本使用の3C、どちらも懐中電灯としてはとても優秀です。誰でも簡単に扱える、そして長時間の連続点灯が可能な点を見れば気軽に家族や友人にも貸すことができるモデルです。またに「今度山行くからライト貸してよ、いっぱい持っているんでしょ?」と言われることがあります。確かにいっぱい持っているんだけど、、、どうにも気軽に貸せないモデルが多かったりするのがライトマニアの悩ましき現実です。そんな時、マグライトは常に便利なライトです。このML100に限らず、XL50や、ミニマグライトLED 2AAは大体誰に貸しても操作性や明るさに関して文句を言われることはありません。大きな感動もないのも事実ですけどね(笑)。それでも、必要十分に使えれば普通の人にとってはそれが良い訳です。家の玄関や車の荷室などにおいておくと、家族のだれもが使えて便利。

ML100は家族のだれもが使えるファミリーライトとして活躍してくれそうな懐中電灯です。

ML100-13
MAGLITE(マグライト) ML100 2C LED 単二電池2本使用 LEDライト

MAGLITE(マグライト) ML100 3C LED 単二電池3本使用 LEDライト