MODEL54-15
SILVA(シルバ) EXPEDITION MODEL 15 ミリタリー ミラー付きコンパス

SILVA(シルバ) EXPEDITION MODEL 54 ミリタリーコンパス

SILVA のサイティングコンパスの最上位モデル ミリタリーコンパスを2点ご紹介します。SILVAのコンパスは機能性、精度が高く評価されていることからNATOを筆頭に世界30ヶ国の軍隊に納入されている実績を持ちます。その中でもマップオンだけでなく目視による設定が可能なのがMODEL15と54。この二つはどちらもサイティングコンパスですが、使用方法が異なります。

mirror-siting
MODEL15はミラータイプ。カバー兼用の大型のミラーを使用して対象物の方角を計ります。簡単にご紹介しますと蓋を60°程度に開き、正中にある照準線と目標が重なるよう位置を調整。その状態でミラーに映る数値を確認し、ダイヤルを回して矢印の北を磁針の北に重ねます。こうするとミラーを開いた正中の先が対象への進行方向となります。ダイヤルの北が磁針の北に重なっていればコンパスは常に正しい進行方向を示します。

54siting
MODEL54は面白いです。プリズムレンズを使用して対象の方位が計測出来、非常にシンプルな方法で対象への進路を設定することが出来ます。対象の位置を確認し、コンパスの照準から中を覗き込むと対象の数値を読み取ることが出来ます。その数値の通りにダイヤルを合わせるとプレート上の矢印が進行方向となります。即座に対象への方位の計測や進行方向を決める点でMODEL54は驚くほど簡単で正確です。

共通する機能としては拡大鏡、1/25000,1/50000の縮尺、ミリ&インチ目盛、夜間でも使えるよう重要な部分には蛍光塗料が付いております。概ね上級者モデルの機能は有しております。もちろん、マップオンコンパスとしても使用可能です。

ただ、残念なのは他のモデルに比べると価格が高いこと。そして一度品切れるとなかなか入って来ないこと、、、この二点です。登山やオリエンテーリングなどの用途としては少々大袈裟なものですが、ミリタリー的なルックスではMODEL15がそれっぽくてカッコいいです。MODEL54は性能重視といった感じかな?まぁ、雰囲気は大事ですよ何事も。5月の連休に登山やハイキングに行く際にコンパスを持っていくならギアの準備はお早めに!