DOSUNS2
DOSUN(ドゥサン) S2 自転車用 LEDライト

DOSUN Sシリーズの末席にあたるのがこちらの新商品DOSUN S2となります。こちらのモデルは単三電池2本使用の自転車用ライトで、本体の他にハンドルブラケット等が付属した乾電池専用モデルです。S2は現行のS1-DELUXのボディを流用した物になります。当初は初期型のS1かと思いましたが、S2のボディを流用したことが分かるものがボディ底面に見つけました。

DOSUNS2_3
ボディ底面の後方、S1-DELUXであればUSBケーブルを挿して充電するポートカバーがそのままついております。しかし、もちろん充電は出来ません。ポートカバーを開いてみると中身は空っぽでした。開けてしまうと切ないので、見なかったことにして閉じて置きました。

DOSUNS2_1
付属品はシリーズ共通。ハンドル径に合わせてブラケットが二種類とライトマウントが1個。それらを繋ぐボルトが1本にゴムスペーサーが2枚付属します。

DOSUNS2_2
単三電池2本使用。推奨電池はアルカリ乾電池です。ヘッドはアルミ合金で全体がヒートシンクの役目を担います。電池込でも150gと軽く、スポーツ車などに付けてもそれほど影響を与えません。造りとしてはS1-DELUXなどと比べ別段安く出来ている様には感じません。見た目だけでは正直区別が付きません。もちろん、照射性能面においてもそれは同様。照度維持機能が付いておりますし、路面方向に光を集中させて照射するマルチライトモードも標準装備。充電が出来ないという点を除けばS1-DELUXとの差異はわずかだ。特にライト本体に充電プラグを挿すことを望んでいる人でなければこちらの方がお買い得な気がします。

DOSUNS2_4
テールスイッチを押しますと点滅、二回押すと常時点灯、さらにもう一回押す消灯します。これまで長押しが消灯の基本でしたので、チョン押しで消灯出来るのが素敵。頻繁に消灯する人にとっては嬉しい操作性。ONになりますとテールスイッチが青く光ります。電池残量が減ってきますと青から赤に変化。インジケーターは目安程度に考えてください。

個人的にはS1クラスの2AAバイクライトであれば、これだけの機能があれば充分。充電池が付属しているわけでもなくニッケル水素電池を別途利用する必要があるS1-DELUXのセット内容は少々不自然な感じもします。明るさでは5ルクスほどスペック上落ちるようですが、価格的なパフォーマンスを考えるとS2が優秀。本来ならこちらが先に出てきてスタンダードとなって欲しかったな。

配光自体はとても広くてタウンユースに最適な感じ。ハンドル周りのスペースに空があればデュアルマウントしたいライトです。価格的には旧S1よりも若干ですが安くなっております。シンプルかつコストパフォーマンスに優れたDOSUN S2はおススメのバイクライトです。