e11-1
FENIX (フェニックス) E11 コンパクトLEDライト

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

私は本日より仕事初めではございますが、会社はまだ新年の挨拶や年末年始のご注文の捌きで正月らしい慌ただしい一日となっております。ご発注頂きました皆様にはご迷惑おかけします。

さて、本年一発目にご紹介するライトはFENIXのE11というライトです。すでにリリースされて少々時間のたつライトではあります。テールスイッチを持つ1AAのライトなど吐いて捨てるほどあるではないか?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、今のFENIXにあるのは「安定感」です。無駄に多い調光やモード切替のない至ってシンプルなHi,Low切替のみのライトですが、日常使用に適したサイズと操作感が一押しのライトです。

e11-2
フレアのロゴが入ったテールスイッチはゴム製。軽く押すと点灯し、離すと消灯する間欠点灯が可能。クリック音がするまで押しこむと常時点灯致します。最初にスイッチを押した感じは少し抵抗があり、やや硬めの印象。使っていくうちにバネが馴染んでくるのでしょうが、間欠点灯が使える点を考えればこれくらいでも良いように思えます。照度の調整はヘッドを少し緩めるとLowモード、締め込むとHiモードとなります。つまり、いづれのモードであってもスイッチ操作ではモードが切り替わりません。常に同じ照度からスタートさせたい方には便利な設計です。

e11-3
全長97mm  円筒形のボディ径は19mm 1AAのテールスイッチが付いたライトとしては標準的なサイズです。側面からこのライトを見ますとボディ及びヘッドに滑り止め加工が効果的に施されております。最初に手にしたときにあまりのすんなりとした触り心地に興味を持ちました。先に紹介した操作性にマッチした加工となっております。ヘッドを親指と人差し指でつまんだ時に滑りにくよう横方向に刻まれた溝が良く出来ております。Hi,Low切替をヘッドで行うライトの場合、ヘッドの形状、加工の具合はとても重要です。見た目にあまり派手な要素は皆無ですが、あくまで使いやすさにこだわった作りだと思います。

e11-4
CREE XP-E 搭載 レンズはコリメータレンズを使用。ヘッドサイズは13mm少々、このサイズに収めるにはコリメータレンズが一般的。また単三電池1本というさほど強力ではない電池を使用し、且つ明るい照射を得るには効果的なものです。配光はスポット光。ただし、それほどきつくはない緩やかなもの。中近距離用と言った感じですが、5mほどであればそれなりに光が広がりますので集光だからといって使い難さを感じることはありませんでした。一般的なユーザーが「明るい」と感じるのは、完全な拡散光よりも少々絞った光の方が好印象であることを象徴する配光です。この辺りは好みですが、悪くない光の広がり方です。これならLowモードでも充分手元足元なら照らせますので数値以上の明るさを感じることが出来るかも知れません。

E11-5
MAX105ルーメンは必要にして充分。暗い夜道を持って歩くにはちょうど良いモノです。ポケットにすんなりと収まるボディサイズと軽量なボディ、単純な操作性はユーザーを選びません。豊富なラインナップと個性的なデザインを持つFENIXの中では比較的大人しいライトだと思います。敢えてマニアの方が選ぶライトではありませんが、日常使用で使い倒したい欲望に駆られるライトでもあります。

E11-6
女性が持ってもこのサイズ。ツイスト式のスイッチが苦手、という方にもおススメです。

と言うことで、本年もたくさんライトをご紹介していきたいと思いますのでお付き合いのほどよろしくお願い致します。