HS2
SUREFIRE HS2-B-SL ミニマスビジョン 電球色 ヘッドライト

先日ご予約を開始したP2X-B-BK FURY同様、唐突に現れたHS2-B-SL MINIMUS VISION 。カタログには載っていましたが、「どうせ出ないだろう」とかタカをくくってました。完全に不意を突かれた感じでしたね。慌てて商品撮影をして掲載した次第です。PDFカタログを見ていた時は「出るといいねぇ〜」くらいの思いでいました。と言うのも、電球色にしろ、温白色にしろ、ヘッドライトで白色以外の色温度のライトがリリースされることはとても稀です。それはSUREFIREに限った話ではありません。他のメーカーでも概ね白色光のモデルしかリリースしておりません。

なのに、あのSUREFIREから!?みたいな感じ。これまでハンディタイプのライトですら、カラーモデルを除けばメインLEDが白色以外の色を使ったモノを出したことが無いと言うのに。突然それをヘッドライトで出すんですから驚き以外の何物でもありません。

HS2-1
型番に[ SL ] とありますが、ボディカラーがシルバーとなっております。と言ってもレンズのある部分はグレーなので、シルバーを実感するのは左右のスイッチとバッテリースペースのみです。どちらかと言えばGYって感じ。スイッチ側の端にはブラックで[ SF ]のロゴが入ります。外観的な仕様に関しては概ね現行のHS2-A-BK (白色光 ブラックボディ)と変わりありません。ただ、それでも雰囲気はだいぶ違いますね。渋い艶消しブラックもカッコいいですが、シルバーもいいでしょ?もちろん、シルバーだからと言ってアルミの無垢ではありません。ちゃんと表面処理が施されております。

HS2-4
電池はCR123A x 1本。バッテリーケースの蓋はゴムバンドで本体と繋がっておりますので、紛失の恐れの少ないモノです。また、既にHS2-A-BKも同様の仕様になっておりますが、蓋についておりますOリングがダブルになっております。より高い防水性が期待出来ます。私の持っている初期型に比べると大幅な進歩がみられます。

HS2-2
ヘッドマウントの裏側にはベルクロがついており、額のパッドがここにくっ付きます。また、付属にあるシール付きのベルクロをヘルメット側に付ければ、ハンド無しでその部分に本体を貼りつけることが出来ます。特殊な形状のヘルメットやハンドが外れる危険性のある場合、もしくはハンドを外して本体のみを携帯したい場合などに適しております。

HS2-3
付属のシール付きベルクロと赤色カバー。プラ製のカバーはパチンとレンズ部分に嵌めて使います。なお、現行の白色HS2-A-BKにも付属しております。
HS2-6
MINIMUS VISION に付けてみると、、、なんか宇宙刑事っぽいw
赤色レンズは暗所での夜目の保護を目的としたモノです。

HS2-5
配光に関してはHS2-A-BKと同じ。ただ色温度が異なるのみです。ただ、明るさに関してはMAX75ルーメンなのでまったく同じとはではございません。色温度が低い点も影響しているかと思います。また、搭載LEDの都合からか、どうしても近距離ではちょっとした配光のムラが気になります。少々離れるとほとんど気になりません。特にアウトドアでの利用ではほとんど関係ないものと思われます。

登山やキャンプでは必須のアイテムであるヘッドライト。雨や霧など自然現象の中では明るさはもちろんのこと、低色温度の光がとても有効です。厳しい自然環境では「照らすことよりも、見えることが重要」です。アイテム名である「SAINT MINIMUS VISION 」 制作者の意図が品名に込められたかは分かりませんが、まさにナイトビジョンに適したヘッドライトだと思います。
SUREFIRE HS2-B-SL MINIMUS VISION ミニマスビジョン LEDヘッドライト 電球色