LUMITRON1
GENTOS LUMITRON ルミトロン LED卓上スタンド

フレキシブルな蛇腹のアームを持つLEDライトスタンド ルミトロンについてご紹介。

久々に懐中電灯以外の紹介ですが、GENTOSのLEDスタンドはなかなか良さ気です。懐中電灯をメインに製作する前はステーショナリーがメインのメーカーだっただけあって使いやすさにこだわったモノになっております。すでにLEDが卓上スタンドの光源として使われるようなって久しいですが、まだまだデザイン重視の商品が多いような気がします。この夏以降、全国的な節電に伴ってLEDがより多くの場所で使われ始めました。もはやLEDは特別な光源ではなくなったと思います。すべての光源をLEDに交換するようなことは無いと思いますがより身近なところ、そう、あなたのデスクの上のライトだってもうLEDで充分な時代がやってきたのです。

LUMITRON2
光源は日亜化学のLEDを採用。250ルーメン 演色性はメーカー公称Ra75 消費電力で比較しますと白熱球と比較すると明るさでは圧倒的に明るいですが、演色性は多少犠牲にする部分はあると思います。検品やら色評価で使えるようなものではありません。あくまでも一般使用が目的の卓上スタンドです。大きなLEDが1灯付いているだけなので多灯のように影が重なることもほとんどなく作業灯として使うには悪くなさそうです。光にほとんど熱を帯びませんので熱に弱いモノを照らすにはとてもよいでしょう。

リフレクターは鏡面リフですが、懐中電灯のような感じにはならず広範囲の照射となります。風防レンズはポリカーボネートを使用。

LUMITRON3
スイッチは台座の部分にあります。一見すると押しボタンのようですが、実際には静電式となっております。軽く指で触れるだけで点灯、消灯します。なんだか妙にハイテクです。
この卓上ライトですが、重量が700gあります。少々重いのでは?と思うかも知れませんが、重量の殆どがこの台座部分に集中しております。軽いと傾いたり、倒れてしまいますのでこれくらいの自重があった方が安定するのでしょう。実際に商品を持つと意外と重く感じます。

LUMITRON4
台座が重い分、ヘッドの部分はとても軽いのでフレキシブルアームを使って自在に動かすことが出来ます。これまで白熱灯にしろ、蛍光灯にしろある程度の重さがヘッドにありましたが、LEDの場合はとても軽いのが魅力です。デスクスタンドはもちろんですが、様々な使い方が想像出来て面白いです。

LUMITRON5
台座の下部には滑り止めのゴムが5個所ありますのでかなり安定しております。電源は専用AC/DCアダプターを使い12V入力 消費電力はわずかに3.8Wです。充電式ではなく有線式になります。

LUMITRON6
配光はフラットでワイド。卓上照明らしい実用性のあるものになっております。明るさに関しても特に不満もなく充分に使えるデスクスタンドだと思いました。秋の夜長、読書するには良さそうですし、これから冬の節電に向けてこの手のモノは用意しておきたいものですね。

価格が手ごろで性能も充分。一度購入すれば恐らく壊れるまで使えるLED。装飾性は薄いデザインですが、長寿命な光源だけに飽きのこないシンプルなデザインが良いですね。据置型であれば、こちらのLEDデスクスタンドはおススメです。

GENTOS LUMITRON ルミトロン LED卓上スタンド