M40A
SUNWAYMAN M40A 4AA LEDライト

SUNWAYMANから新商品が入荷しました。短小な全長に太めのボディ、イガイガとした放熱フィンにロータリースイッチらしきダイヤル。全幅だけを見ると「太くて大きそう」なライトに思われがちですが、実物は「小さっ!」と言うのが第一印象です。ヘッドが大きい割にはボディが短い為、そのように感じるのかも知れません。ディフォルメされた玩具のような姿をしております。

しかし、MAX600ルーメンの照射はなかなかの迫力があります。スイッチはロータリー式となっており、テールスイッチなどは付きません。純粋に順手で持って操作する感じです。ユーザー側から向かって右方向(時計回り)に回すとLow 35ルーメン → Med 200ルーメン → Hi 600ルーメン → 600ルーメンストロボ の順でモードが変更となります。ロータリースイッチは慣れれば片手でも操作が可能 親指と人差し指でクルクルと回転させることが出来ます。スイッチの動きはとてもスムーズかつ正確、各モードに入る時も「カチっと感」があります。ロータリーセレクターが特徴のSUNWAYMANですが、この辺りの動きは他のモデル同様優秀です。

単三電池4本使用したLEDハンディライトなのですが、電池は専用のアルミ製ドラムカートリッジに装填されます。4AAですとJETBEAM PA40LED LENSER D14のように電池を縦に二列並べたモデルが一般的ですが、こちらのM40Aはこんな感じになります。
M40A5
本当にSUREFIREのM6LTにそっくりな仕様。こちらの方が電池は1本ずつ込めますので楽ちんです。カートリッジもアルミ製なので丈夫な感じで取扱にも安心感があります。

M40A2
ベゼル先端にはガラス風防を保護する突起があり、誤点灯防止の役目も果たします。

M40A3
本体以外に短めのランヤードが付属します。テール部分にはフックを引っ掛ける為の穴が開いております。電池を込めますと約360gとやや重たいライトになりますので落下がご心配な方は付けておいた方が良いでしょう。

M40A4
全幅57mmの幅広のベゼルには厚さ2mmガラス風防がついており、細かな凹凸が付いたリフレクターの奥にはXM-Lが搭載されております。これだけワイドなリフレクターですとやや集光気味の配光が期待できます。

M40A7
中心光がかなり明るく、周辺光が発生するタイプの配光。やはり中心光は酷く明るい。それでも距離が延びる応じて拡散気味になっていくのが面白い。4AAで600ルーメンとネタ的なスペックではありますが200ルーメンのMedであれば実用性もありそうです。

いくら小ぶりなボディとは言え、携帯するにはカバンの中などに入れないと持ち歩けそうにありません。常時点灯で施設内を巡回したり、それこそ散歩で持ち歩くような感じだと思います。キャンプでは使っても良いけど登山では持ち歩きたくない感じのサイズと重さです。
M40A_M6
SUREFIRE M6LTとのサイズの比較。ね、小さいく見えるでしょ?全体的に造形はカッコいいし操作性も良好。明るさも充分以上!そして、これに可愛らしさを感じた方なら、きっとご満足いただけるライトだと思います。