YS60XPGWW

YS CUSTOMのレギュラーラインにありますSUREFIRE P60互換 ドロップインLEDモジュールがマイナーチェンジされて入荷してきました。これまでのモデルはコンバータが800mA設定の輸入品でしたが、今回のモデルから国産のYS CUSTOMオリジナルコンバータに変更されました。設定値も1150mAにアップし、より明るく照度維持に優れたモデルとなっております。

YS60XPGWW3
搭載LEDはXP-GモデルとXM-Lモデルの2種類あり、発光体の色はクールホワイト(昼光)、ニュートラルホワイト(温白)、ウォームホワイト(電球)の三種類ございます。スペックに関しては若干XM-Lの方が明るいようですが、どちらかと言えば配光による違いの方が大きいように思えます。XP-Gは中心光が強く出ますので、強い光軸の出現を期待する方にはXP-G , 全体を明るく照らしたい、遠方照射はそれほど望まない、とおっしゃる方はXM-Lを選んで頂いた方が良さそうです。今のことろXP-Gからの生産となっておりますのでXM-Lバージョンが登場しましたら順次ご紹介いたします。

YS60XPGWW2
コンバータが内蔵される台座の外側には[ YSC]の刻印が入ります。簡素ではありますが誇らしげなものです。他社製品のmodカスタムを主体としてやってきたYSCが自らのブランド名を製品に打つようになったのは感慨深いモノがあるのではないでしょうか?

YS60XPGWW1
接点部は銅製にマイナーチェンジ。より電動効率に優れたパーツに変更されております。キラリと光る銅バネの輝きが素敵。ちょっと特別で贅沢な気分になれます。

YS60XPGWW4
肝心の配光と明るさですが、相変わらず表示スペックより明るく見えるから困ったものです。控えめと言えば聞こえはいいけど、正確ではないのもそれはそれでどうかと思う。まぁ、明るければ文句ないんですけどね。で、電球色で800mAだったころのモノと比較すると「気持ち」明るくなったような気がします。特に体感できるのは3〜5mくらいの距離なか?逆に近過ぎても分かりません。

国産志向の強いYSC 、今回のマイナーチェンジの目玉であるYSCオリジナルコンバータの搭載により価格が少し上がっております。レギュラーモデルは出来るだけ多くの人に手に取って欲しいモデルですから国産か、否かに関わらず「性能が良くて安ければ」それに越したことはないと私は思っております。

ただ、、、今年は我々日本人にとって特別な年です。日本製品を応援するという意味も今回のパーツ変更には込められているのかも知れません。国産パーツの追加により新たなステージに入った感のあるYSC 、今後のリリース商品が楽しみです。

YS CUSTOM オリジナル国産コンバーター搭載 クールホワイト XP-G 1150mA

YS CUSTOM オリジナル国産コンバーター搭載 ニュートラルホワイト XP-G 1150mA

YS CUSTOM オリジナル国産コンバーター搭載 電球色 XP-G 1150mA