XPP5422_1

BAYCO Safety Rated Flashlight XPP-5422 防爆LEDライト

BAYCO(ベイコ)の防爆ライトXPP-5422をご紹介致します。こちらの防爆ライト、ベイコならではの機能が付いた面白いライトです。一見しますとストリームライトエナジャイザーでありそうな順手タイプの樹脂ライトですが、ヘッド下のスイッチが2個設けられております。同社の2in1同様 前方を照らす光源と下方(足元)を照らす光源の2つが付いております。前方のスイッチが前方光源用、後方が下方光源用となります。前方光源用の半押しでの間欠点灯が可能になっております。

この二つの光源にはそれぞれ特徴があります。
XPP5422_2
下方を照らす光源はチップ型LEDが1灯搭載されております。LEDの周りにはリフレクターなどの集光装置はなく、風防レンズが付いているだけです。この光源から発せられる光はワイドでフラットな光になります。足元を一定範囲ムラなく照射することが目的ためと思われます。順手で持つと腰の高さになると思いますが、綺麗な円配光となります。まるで結界のように丸い光がユーザーの足元を照らします。

XPP5422_3
対して、前方照射のLEDはオーソドックスなリフレクタータイプ。鏡面+テクチャー(小さな凹凸が付いたもの)加工されたものです。中心に光が集まり、周辺にワイドな光が広がるタイプ。こちらは周辺光で広く照射しつつ、中心光で遠くまで照らすことを目的としたものです。光源はCREE XP-E 80ルーメン 防爆ライトとしてはライバル機に比べると一つ頭抜けたスペックです。

XPP5422_7
もちろん同時に点灯させることも可能です。こうして見ると特徴の違いが良く分かると思います。足元を照らしながら前方を照らすことが出来ます。実に合理的でユニークなライトだと思いました。

ボディはポリマー樹脂製。丈夫かつ軽量な素材です。バネ式のクリップは大型で幅40mmのベルトにも装着が可能です。警察、消防などの利用を意識したアクセサリーだと思います。日本での使用ですが、日本国内での防爆認定は受けておりません。米国の以下の防爆基準を取得しております。
MSHA / Class I II III Div. 1 Grps. AG T4
XPP5422_4
使用電池は3AA 単三電池3本使用となっております。電池カートリッジというか、側の内に本体があるって感じ?ヘッドと電池カートリッジはワンピースになっており、電池を装填すればボディに入れなくてそれ単体で光らせることが出来ます。
XPP5422_8
防爆機能もクソもないのでこれ自体で使うことに意味はありませんが、とてもメンテナンスしやすそうなライトだと思いました。

電池の取り出しは少々めんどくさくATEX同様 ネジを外して行う必要があります。ただ、それほど硬くはなく、すぐに緩みます。緩んでも取れ落ちることは無いので紛失の心配もありません。専用のマイナスドライバーも付属します。

XPP5422_6
下方を照らす光源ですが、フラットな光は近距離での照射においても有効。書類などを暗い場所で確認する際に役立ちます。前方照射では中心光が眩しくハレーションしてしまいますが、下方光源であれば、フラットで見やすい配光となります。

XPP5422_5
XPP-5422は順手で持ちやすく操作性に優れたハンディライトです。防爆ライトではありますが、通常のハンディライトとしても優秀だと思います。太めのストラップも丈夫でシッカリしております。明るさも80ルーメンと現実的で必要十分。プロフェッショナルはもちろん、一般のユーザーにもお勧めするLEDライトです。