ED20
LUMINTOP (ルミントップ) ED20

LUMINTOPより新作がリリースされました。ED20はシンプルなストレートのボディにラバー製のグリップが付いたLEDライトです。これまで同社の製品に限らず、ラバー製のグリップを装着したメーカーはSUREFIRE以外あまり見たことがありません。注射器を持つように握れるライトは本物のタクティカルライト以外にもたくさん付いておりますが、どれもボディ同様金属製のモノが多く、正直、素手で握るにはちょっと「痛い」パーツでした。なぜにラバー製のものがこんなにも少ないのか逆に不思議なくらいです。材質のことなるパーツを組み込むことはメーカーにとってはコスト高になるからでしょうか?その辺はよく分かりませんが、多くの人にとってはこちらの方が握りやすいと思いますね。

ED20_1
グリップはアンチロール(置いた時の回転防止)の役目も果たしております。1インチのボディについたラバーグリップは指にかかり易く、逆手で握った時に邪魔にならない程度のちょうどよいサイズのものです。
スイッチは間欠点灯が出来ないクリック式のもの。クリック音がするまで押しこんで初めて点灯するタイプ。一度点灯させた後、スイッチを軽く押す度にモードが切り替わります。以前販売されておりましたOLIGHT T25 regluarと似たシステムです。このルックスだと確実に半押しで点灯するタクティカルライトかと思いましたが、思わぬ操作系に戸惑いました。まぁ、こういうライトだと思えば慣れたモノなので良いのですが、最近では珍しいタイプですね。点灯モードはLow、Med、Hiの順で照射を切り替えることができますが、消灯時のメモリー機能はありません。また、ヘッドを少し緩めるとストロボモードとなります。

ED20_2
搭載LEDはCREE社のXM-L。細かな凹凸がついたリフレクターに収められております。XM-Lの特性かフラットで全体的に明るい配光となります。普段使いで常時点灯させるには良さそうな配光です。Lowモードから始まることや、間欠点灯ができない点を見てもタクティカルライトではないのは間違いなさそうです。全長が120mmと比較的コンパクトなので長時間使うEDCライトとして使っても良いかも知れません。

ED20_3
電池はCR123A x 2本 Lowモード10ルーメンではメーカー公称60時間。点けっぱなしで使うにはなかなか良いランタイムです。MAX420ルーメン出ますが、明る過ぎてあまり使う気にはなれません。タクティカルライトではないと割り切れば、MEDの80ルーメンの使い勝手は凄く良いと思います。

ED20_4
付属品はホルスターとランヤード、消耗品のOリングなど。個人的にはクリップが付いていない方がカッコいいかな?

最近リリースされるCR123A 2本使用のライトは把持部が1インチ以下の細身のライトが目立ちます。SUREIFRE以外で久しぶりに1インチライトを握りましたが、ここまでシンプルなボディですと握り具合が実にいいです。こういうシンプルで無骨なボディもなかなか良いですよ。TD15Xのギザギザしたデザインと比べると驚くほどシンプルでコンパクトです。見た目の派手さよりも実用性を重視する人におススメかな?ED20はそんなライトです。

ED20_5