LITEBOX1
ストリームライト(STREAMLIGHT) ライトボックスHID

先週末はよく雨が降りましたね。実に梅雨らしい、ジメジメとした週末だったと思います。一般の方には忌み嫌わる季節ですが、私たちにとっては恵みの雨。ちょうど夜に降り止む予報だったので屋外照射してきました。しかもライトボックスHIDで!しかも、今夜は2灯焚き!!ストリームライトHID オレンジ、ブラック揃い踏みです。

LITEBOX2
いつもは広いフィールドですが、この日ばかりは狭く感じました。山の向こうに光を当てれば森から立ち上る水蒸気に光が乱反射し、実に幻想的な光景を作り上げておりました。

LITEBOX3
HIDに関しては雨後であるかはあまり関係ないのですが、可視化される光軸眺めるのは楽しいものです。


CF250DLN
ストリームライト以外にもこんなものも持って行きました。BIG BLUE CF-250 NEOの最スポット時のパターンは「凸」。垂直にそそり立つ崖に照射すればLEDの形が面白いくらいハッキリと確認することが出来ます。この天候下でもあれだけシッカリ明るく見えるのですから結構驚きです。


ESPOT1
再びストリームライトに戻って最近発売されたE-SPOT。ライトボックスHIDのLED版みたいなヤツです。ルーメン値で言えばHIDモデルの1/10程度ですが、とは言え330ルーメン 充分に強い光軸を放っておりました。

ESPOT
基本スポットですが、ワイドな周辺光も同時に得られます。ライトボックスHIDと比べると大分小さく軽いものです。とは言え、シールド鉛バッテリーを使用しておりますので約3.5kgと重いです。照射距離に置いては同社のファイアーバルカンLEDとほぼ変わりません。こちらはリチウムイオン電池を使用しておりますので839gと軽量です。単純に明るさを求めるのか、置いて使いたいのか、携帯したいのか、様々な要望に応じて機種を選べるのがストリームライトの魅力でもあります。
ESPOT2

LITEBOX5
最後にこれ!ライトボックスHIDに付属の拡散フィルターを装着しての照射。壁の近くだと凄い迫力。

LITEBOX6
業務用のビデオカメラを構えているみたい。次回はこの拡散光で石仏を照らしている画を撮りたいものです。