TETO
OLIGHT M3X TORITON(トリトン) 700ルーメン ターボヘッド仕様

LUMINTOP (ルミントップ) TD15X TERMINATOR(ターミネーター)

700ルーメンクラスの非常に明るいライトの屋外での比較をご紹介。スペック的には似通ったモデルですが、上記の写真の通り、レンズ部分の大きさが異なります。こちらのライトは何れもスムースリフレクター(鏡面反射板)を使用したライトですが、その口径が大きいほど基本的には集光照射となります。

TETO1


照射対象は山の中にあります送電用の鉄塔。レーザーポインターで計測したところ高さ約23mほどでした。照射距離は26m程度です。TD15Xの方が照射範囲が広いことが分かりますでしょうか?この距離でしたらこの程度の違いで済みますが、さらに遠くを照らすとなるとかなり違ってきます。

TETO2
照射距離50mを越えますと断然集光系が強いです。この日は風が強く大気中にチリがたくさん舞っておりましたので肉眼では照射光軸が良く見えました。こういう使い方をするライトの方が一般的ではありませんけどね。あまり他人様に迷惑にならないところで使うには楽しいライトです。

TD15Xの凄いところはこのコンパクトさでこの明るさが出せるところ。そもそも電池が1個多いM3Xとはまた異なるカテゴリーの製品になりますのでこうした比較が正しいかは微妙ですが、リフレクターの大きさの違いでこれだけの違いは出てきます。