NBH
KT1 + ●● + YSC タワーLEDを使い始めて数週間経ちます。いろんなボディに差し替えて楽しんでいますが、どうにも携帯方法がない。。。ストリームライトのウルトラスティンガー用のホルスターを最初は使おうと思いましたが、KT1の場合、微妙に入らない!ボディからヘッドへの広がりが急激な為、ホルスターへの奥へと入らないのが原因のようです。まぁ、無理をすればでなんとか、って感じですが、もう少しスマートに行きたい。

そう思って捜していたところ、こんなホルスターを見つけました。プレーンレザー製のホルスター。ノーブランドなんで安いです。まぁ、造りもそれなりですけど。装着のイメージはこんな感じ。

NBH1
エグゼクティブでもパーソナルモデルでも、おまけにタクティカルグリップが付いたものでも問題なく差せました。ただ、フラップはないので簡易携帯用かな?ただ、パーソナルモデルの場合、テール部にランヤードリングを通していると入れづらい。ランヤードは外して使わなければなりません。

まっ、これはこれで良いんですが、思いつきでC2Lをベゼルダウンで入らないかな?と思って差してみました。ベゼルダウンで差せるレザーホルスターってあまり無かったように思えまして。
NBH2
おっ良い感じ。程よいテンションで固定されます。ただ、このホルスターは貫通式の簡単なもの。グリグリとねじ込んでいくと下まで突き抜けてしまいます。
NBH3

最初はこれでも良いかな?と思っていましたが、皮製品って馴染んでくると広がるじゃないですか?そうしたらマズイですよね。そこで、、
NBH4
出口となる片方を縫い合わせてしまおうか?と思いました。これなら簡単そう。ただ、こうしてしまうとライトを入れられる深さ?が浅くなってしまいます。もう少し深くまで差したいなぁ〜と思いましたので

NBH5
こんな風うに栓をしてしまおうかと。これは紙で作った型紙ですが、これに合わせて皮を充てて皮接着剤で付けてやろうかと思っています。年末時間があれば、ユザワヤでも行ってみようかなぁ。あそこに行くと無駄に何か造りたくなる!冬休みの宿題としてやってみようと思います。上手くいったらまた紹介させていただきます(笑)