ENR_MS

エナジャイザーから防爆ライトが3点入荷しました。ハンディ2種とヘッドライトです。ビビットなオレンジに身を包んだ如何にもレスキュー用といった趣です。何れもATEX認証(ヨーロッパのATEX防爆指令(IEC準拠)を満たしたモデル)したものです。比較的安価ではありますが、本格的な防爆ライトです。

【ハンディライト】
Energizer(エナジャイザー) MS2D 消防・レスキューに適したLEDライト

Energizer(エナジャイザー) MS 2 AA 消防・レスキューに適したLEDライト

MS2Dは単1電池を2本使用したモデル。ちょっと太っちょなボディが特徴的。使用LEDの詳細はありませんが、恐らくラクシオンの1WLED 35ルーメン。MS2AAが単三電池2本のモデル。使用LEDは日亜の砲弾型LED 3灯搭載。明るさは14ルーメンと控えめだ。ボディはどちらも樹脂製で静電気が起きにくい特殊な樹脂を原材料に使用しております。

ボタンはプッシュ式。外観操作性とも「ザ・懐中電灯」といった感じです。あまり最近こういうライトを見かけなくなったので少し新鮮です。テールキャップ部分にカラビナが付いており、ハーネス等にひっかけることが出来ます。この辺りはユーザーの職種を意識した工夫がされております。
ENR_MSTAL

ENR_HD


もう一つがヘッドライト Energizer MSHD 防爆用のヘッドライトを作るメーカーは少なく、弊社取扱品でもストリームライトのハズロしかない。後発ではあるが、防爆用としてはかなり明るく機能も充実している。電池は単三3本使用。バッテリーとLEDユニットが別体式。少々大きいが昨今のモデルに比べればもう小さい方です。

ENR_HD1
ルックス的に特徴的なのが四角いLEDユニット。向かって左がメインの白色LED 75ルーメン 左の3灯あるサブLEDのうち縦2個が赤、一番右1灯が緑になります。何れもナイトビジョン用になると思います。スイッチはそれぞれ別々。操作性はとても簡単で良さそうです。

ENR_HD2
他にも拡散用のフィルターが付属します。近距離から中距離まで使い分けられるのは良いですね。このヘッドライトはまた今後詳しくご紹介したいと思います。

ちなみに、防爆用のライトってなんで最新モデルのライトみたいに明るくないと思いませんか。普通に200ルーメンとかもっと明るいライトもたくさんあるじゃありませんか。なのに概ねスペックはそれほど高くありません。

これには理由があります。防爆ライトはその認証を受ける際、「光源」を登録する必要があります。登録した光源以外のLEDを勝手に搭載することができません。じゃぁ、登録しなおせば?と思うかも知れませんが、それには恐らくたくさんのお金と時間がかかります。新しいLEDが出たからと言って簡単には交換出来ないそうです。

防爆ライトって本当に特殊な世界です。