HEL_HOL
サンジェルマン 汎用ヘルメットホルダー バンド幅約25mm対応

ヘッドライトをヘルメットに付けて作業される方におススメのアイテムをご紹介。簡単に付けられてヘルメットにひっかけるだけでヘッドライトが「ズレない」「滑らない」ヘルメットホルダーです。

サンジェルマンの製品のうちGENTOSの一部の製品に同梱されているこのホルダー、ご覧になったことはありませんでしょうか?この度、このホルダーが単体で発売されることになりました。

ヘルメットのリムと呼ばれる縁の部分にひっかけるだけで驚くほど強固にヘッドライトを固定します。直接頭部にヘッドライトを着ける方にとってはあまり必要ないアイテムですが、お仕事などでヘルメットの着用が義務付けられている工事現場や建設現場、坑道作業などの方々には是非ともおススメしたいです。

作業用ヘルメットの多くがFRPなどの樹脂素材で作られております。表面はツルツルのモノなので頭部に直接付けることを前提とした「布ゴムバンド」では「ツルっ」と滑ってしまいます。メーカーによっては布ゴムバンドの他に、生ゴムバンドが同梱もしくはオプションで販売されているメーカーもあります。弊社ではストリームライト社の汎用ヘルメットゴムストラップがあります。このヘルメットゴムストラップでも充分にヘッドライトを固定することが出来ますが、ヘルメットにも付けるし、直接頭にも着けるという人にとっては生ゴムバンドはちょっと使いづらいです。だって髪の毛とか巻きこむと痛いじゃないですか。布ゴムバンドを利用して簡単に付け外しが出来て、かつ固定力に優れたアイテムがこれです。

汎用品でバンド幅約25mmのモノに装着可能。各社の製品を調べてみると、小型な商品を除き、かなりの確率で25mm前後のバンドを使用しております。製品のグレードに関係なく大体25mmくらいでしたよ。

実際、テスト品で試してみました。
RIM
SUREFIRE SAINT MINIMU(セイント ミニマス)

ストリームライト(STREAMLIGHT) 032 Septor セプター

バッチリです。GENTOS以外のブランドのモノでも付けられました。ただ、肝心なのはヘルメットの形状。リムが全くないものや、逆にリムの突き出しがとても長いもの(アメリカの消防士がかぶっているようなテンガロンハットのようもの)には付けられないかも知れません。よくお確かめになってご利用ください。

HEL_HOL1
このヘルメットホルダーをバンドに取り付ける際、簡単に取り付ける方法をご紹介。バンドを二つ折りにして開いているほうをホルダーの裏側にあります開口部に入れて広げるだけ。外す場合はその逆。簡単でしょ?

小さなアイテムですが、あると便利な製品です。お手持ちのヘッドライトのバンドがズレて困っている方はお試しいただいてはいかがでしょう?