AZ2

SUREFIRE(シュアファイア) AZ2 LED Combatlight コンバットライト

V2 VAMPIREに続き登場しましたSUREFIREの新商品 AZ2 LED COMBATLIGHT型番からも想像すると、A2Lにコンバットグリップ(注射器持ち用ゴムグリップ)が付いたものと思う方もいるでしょう。しかし、、AZ2は外観だけでなく照射パターンもA2Lとは大きく異なるライトでした。外観の形状はパーソナルシリーズのZ2シリーズと良く似ており、Z2のボディを使用した「変わり種」的なモデルだと思っておりました。確かにボディの把持部の形状は似ておりますが、やや細身に仕上がっており、艶消しのブラックHAも手伝って、よりシブい雰囲気を醸し出しております。

決定的にZ2と異なるのはヘッドとボディのジョイント径です。AZ2はエグゼクティブシリーズに相当するサイズ。つまり、E2DLLX2のヘッドと同規格です。ヘッドベゼルは6Pとサイズ。ベゼルダウンでライトを収めたいならV70やV85ホルスターとなります。フィルター類であればFM30系ですね。スイッチは加圧式二段階調光タイプでジョイント径は6P系と共通です。加圧式スイッチではなくZ59などのクリックオンスイッチを入れると「全点灯」のシングルアウトプットになります。調光はあくまでもテール側で行っているってことですね。
AZ2-3

なんかいろんな規格が組み合わさった不思議なライトです。L5 LUMAMAXのようにパーソナルシリーズと共通の規格にしなかった理由はなにか?おそらくヘッド部のサイズをあまり大きくはしたくなかったのではなか?と思います。6P系と互換性を持たせてしまうと、電池との接点部であるコイルがかなりスペースを占めてしまい、リフレクターの深さや電子回路を収めるスペースが前方へ押しやられてしまいます。実際にL5を見てみると良く分かります。
L5HEAD

L5のゴッツイ風体をご存じの方なら分かると思いますが、決してバランスが悪くないものの、AZ2のコンパクトさが目立ってしまうのは事実だと思います。小ぶりなボディが好きな方ならAZ2を好まれると思います。
AZ2-1

さて、この小ぶりのヘッドは配光に大きく影響を与えるリフレクターを搭載しております。リフレクターは浅く、プライマリーLED(メインLED)が収められている部分が平らな底面になっております。プライマリーを囲むように四方にセカンダリーの砲弾型LEDを装備し、軽く押すとセカンダリーオンリー、さらに強く押すとプレイマリーを含む「全点灯」となります。プライマリーだけを点灯させることは出来ません。セカンダリーの配光は驚くほどフラットな拡散光。A2L以降、この手のSUREFIREの配光は確実に良くなっております。あくまでの拡散光なので前方にはほとんど飛びません。足元照射を御覧になって分かるようにワイドで薄い光が広がります。
az2-bk-wh_8large
■セカンダリーオンリー ワイドな拡散光です。

しかし、さらにスイッチを押しこんでプライマリーを点灯させるとその配光は豹変します。正確には中心にドン!と明るいホットスポットが現れる感じです。プライマリーLEDはLuxeon K2。K2と言えば、ストリームライトのタクティカルシリーズで見られるようにスポット光が強い狭角配光に適したLEDとして知られております。A2LがP4を採用し中近距離での照射を重視したのに対して、AZ2はK2で遠方照射能力を高めたと思われます。
AZ2-4
■全点灯状態 手前も明るく奥も明るく照らす

運用方法としてはセカンダリーオンリーで常時点灯させ、遠方の目標を捉えたいときだけ全点灯、みたいな感じになると思います。シングルでは電池容量やLEDが発する熱を気にしなければなりませんが、感覚的に操作できる二段階調光で、しかもLowモードが拡散光となれば、これはかなり使いやすいモデルだとおもいませんか?セカンダリーだけであれば10時間の連続点灯が可能なので、常時点灯させてもストレスが少なく、必要な時だけプライマリーを点灯させても良いかも知れない。AZ2は本来コンバットライトという非日常性を感じるライトだが、その有用性は実際に常用で使っていただいてこそ理解できるものだと思います。

まぁ、スタイルの好みがありますが、「ワイドもスポットも両方欲しい!」というワガママな人には是非ともおススメしたいライトの一つです。

拡散光からスポット光まで、5つのLEDが成せる技!SUREFIRE AZ2