gp-4

GENTOS PATORIO パトリオ GP-4 LEDキーリングライト

実質、GENTOSのミニマムレプリカシリーズの後継機です。これまでのスーパーファイアーシリーズの外観を真似たマスコットモデルではなく、オリジナルのデザインでリリースされました。またこれまではLR44というボタン形のリチウム電池を数本使用したものですが、今回からは単4電池1本仕様となっております。全長75mm 単4電池1本ものとしてはコンパクトな方だと思います。
gp-4-1

光源は白色の高輝度砲弾型LED1灯。照射システムは鏡面リフレクターです。面白いのはLEDの封止樹脂が妙に長いように思えます。気のせいかな?
点灯方法はヘッドを締めるとON,緩めるとOFF。電池の取り出しはテール部分からになります。ちなみに、ヘッドを締めた状態でテールを緩めればOFF状態になるので、結局どちらもスイッチみたいな役割を果たします。
gp-4-2

デザイン的には結構カッコイイと思いますよ。ヘッドの加工とか小さいのに良く出来ております。質感も悪くないですね。個人的にはシルバーの方が好き。ソリッドで艶のある感じが素敵です。チェーンの部分はスイベル式。360°自在に回転します。LED LENSE K3と同じですね。鍵束に付けてポケットなどに入れたときにチェーンが切れたりする心配が少ないと思います。これまであったGENTOSのキーリングライトの中では良いセン行っていると思いますよ。

明るさは、まぁ、砲弾型LED1灯ですからこんなものです。昔に比べればだいぶ明るいと思います。公称ルーメン値は記載ありませんが、5ルーメン以上は出ていそうです。単4電池1本で12時間ですからこんなものでしょう。明るさよりはランタイム重視です。鍵穴や足元、手元を照らす程度であればこれで充分だとは思います。写真では分かりませんが鏡面リフのせいか、配光の感じは5mmっぽくない少々荒れた感じがあります。気になる人はもう少し費用をかけても良いものを選んだほうがよろしいでしょう。製品価格と照らし合わせると充分だと思いますけどね。
gp-4-3