gp-7

GENTOS PATORIO パトリオ GP-7 LEDライト

これはぁ、、「黒い閃」か!?

はい、待望のシリーズ「パトリオシリーズ」の復活です。最初にご紹介するパトリオ7は単三電池2本で60ルーメン、ランタイム8時間フォーカスレンズを搭載し、照射角度を調整できます。なんかもはや標準装備って感じですね、GENTOSやLED LENSERでは。で、最初に思ったのは「これはSG-300だね?」です。ボディが黒くなって少し細くなっていること以外はマンマ、閃です。

スイッチは軽く押すと、点灯、離すと消灯。クリック音がするまで押しこむと常時点灯するものです。配光もほぼ同じかな?明るさの程度を見てみても、まぁ60ルーメンかな、って感じです。非常にオーソドックスでシンプルな造りですが、この価格でこれほどのモノが作れるGENTOSは凄いと思います。とても2,000円を切るような製品には見えません。少なくとも数年前のものと比べるとその出来は確実に高くなっているように思えます。ユーザーとしては品質が良くなるのはうれしい限りですね。完璧を求めるような価格の製品ではありませんが、日常使用では充分に使えるものだと思います。しかも、サンジェルマン製品では初めてのエネループ対応モデルです。
gp-7-1

ただ、若干心配なのは同じような性能の製品がGETOS内だけでも多すぎます。多少の違いはありますが、細分化する必要性をあまり感じません。そのうち別のシリーズが消えていくのかな?少なくともパトリオシリーズはホームセンターで他社の製品を圧倒しうるだけのキラーアイテムになる可能性を持ちます。

より安く、より高品質、単純にして最強の市場原理がホームセンターや家電量販店を席巻する日は遠くないと思われます。
gp-7-2

明るさ60ルーメン!照射角度が調節可能なハンディライト GENTOS GP-7