eiger_1


PEAK(ピーク) LED Solutions EIGER アイガー Type3HA CREE Neutral


PEAKより単四電池1本を使った新しいライトがリリースされました。モデル名「EIGER」スイスを代表する標高3,975mの山。1800mにも及ぶそそり立つ北壁をもつ有名な山だそうです。
このライトはそんな立派?な山に負けない堂々たる完成度です。サイズはマッターホルンとほぼ同程度のスリムコンパクトボディ。一見すると全く区別がつきませんが、大きな違いは搭載されているLED。マッターホルンが砲弾型LED3灯なのに対してアイガーはパワーLED1灯です。この小さなボディにパワーLEDを詰め込んでいます。同社の単4電池使用でパワーLEDを搭載したモデルですとパシフィックバルチックなどがございます。
BP

ご覧の通りヘッドがやや膨らんだ形をしており、内部には鏡面のリフレクターが装備されております。配光はどちらかと言うとホットスポットが出来るやや集光よりのもの。サイズに見合わないハイパワーのモデルですが、近距離ではややホットスポットが強すぎるくらいです。アイガーはヘッドからボディに至るまでがツライチのストレートタイプ。とてもパワーLEDを載せているように見えませんが、そのレンズから放たれる明るさを見れば5mm球のではないことが分るかと思います。ただ、その光は超拡散光。バルチックやパシフィックと違って風防レンズに光が拡散する為のディヒューザーが施されております。
eiger_2

近距離で明るく広い面を照らしたい方にはこちらがオススメです。ちなみにアイガーはモデルによってパワーレベルを選択できますが、今回入荷したものは最もハイパワーのレベル8、色温度は「ニュートラル」ちょっと色温度低めの白色です。温白色まではいきませんが、若干黄色味のある白と思ってください。
eiger_3

こんな感じ。なかなかいい感じだと思います。パシフィックやバルチックがやや被った商品だったので、完全に拡散光で差別化したのは良かったと思います。何事も住み分けは重要です。安価なコンパクトライトとは全く異なる質感と完成度の高さはPEAKならではのものだと思います。