M910

SUREFIRE(シュアファイア)M910A

昨日紹介したPELICAN NEMO 4100のピストルグリップを見ていたら思い出したのがこれ。あまりに雰囲気のかけ離れている商品ですが、何となく思い出してしまいました。なので、本日はキング・オブ・ウェポンライトM910をご紹介!

M910-1

SUREFIRE M900及びM910は同社がリリースするウェポンライトの一つです。最初から銃器に取り付けることを前提として作られた特殊な製品です。ライフルに取り付ける金具が「スクリュー式」か「クイック式」かで型番が変わります。900と910に製品性能の差はありません。非常に特殊なライトになりますが、普通に一般の方がご購入可能です。「実物」とは言え、あくまでライトですから。この手のライトでむしろ取締りの対象になるのはIR(赤外線)とレーザーポインター関係の製品です。とは言え、M910を腰にぶら提げて歩くのは止めた方がいいでしょう。実物ならではの目には見えないオーラを発していますからね。
M910-2

さて、基本的には搭載あれているバルブは同社のM3と同じです。125ルーメンのMN10と225ルーメンのMN11が付属しております。また、メインバルブ以外に2灯のLEDナビゲーションランプが装備されております。ナビランプは白、赤、青とありますが、人気のモデルは青。米軍が近年使用しているのがその理由のようです。ナビランプは銃器を構えたまま手元、足元を照らす為のサブランプで、ボディ背面を親指で押して点灯します。このスイッチは押している時だけ点灯する間欠点灯仕様です。メインバルブのスイッチはグリップの側面に左右についております。これは左利きでも、右利きでも押しやすくする為です。常時点灯させるためにはバルブ背面にあるレバーを倒すことで可能です。グリップを握ったまま、すべての操作を片手で出来るようスイッチの付設が工夫されております。
M910-3


M900シリーズは弊社で取り扱うウェポンライトの中では最も人気のあるモデルです。ただ、このようなウェポンライトは懐中電灯市場でななく、トイガン市場で扱われるものなんですよ。がしかし、実際に売れている商品の多くがレプリカモデル。「実物」なんて書いていますが実物の方が珍しい世界ですからね、レプリカが売れるのは理解できます。玩具に本物の高価なアクセサリーをつけることもないとは思いますけどね。

けれど、本物しか扱っていないお店としてはちょっと寂しい話ではあります。

SUREFIRE M910A キセノンモデル バーティカルフォアグリップ ウェポンライト