strapsafe100

海外旅行、皆さんはよく行きますか?私はどちらかと言うと国内派なんですが、行くんだったら、カナダには行ってみたいなぁ〜と思っています。なかなかねぇ、長期のお休みも先立つ資金もないので予定は未定です。

不況、不況と言われてますが、現在でも海外旅行の人気No,1今でもはアメリカ。グァムやハワイ、ニューヨークなど日本人観光客の数が絶えることはありません。最近アメリカに出張や旅行に行った方ならご存知かと思いますが、空港の手荷物検査で「TSA」というのがあるのをご存知でしたでしょうか?Transportation Security Administration アメリカ国土安全保障省の運輸保安庁が定める施錠機構です。9.11以降、テロ対策として手荷物検査が強化され、TSA機構を持たない手荷物の施錠は検査員に問答無用で壊される可能性があります。旅行者は対策としてTSA機構をもつスーツケースを買うか、別途鍵を取り付ける必要があります。TSA機構をもつロックは共通の開錠機能があり、検査員がマスターキーで開錠することが出来ます。9.11以降に製造されたスーツケースにはもれなく付いていると思いますので、あまり気にされた方は少ないかも知れません。

しかし、それ以前に製造されたスーツケースなどには別途ロックを取り付ける必要があります。一般的なのは南京錠やワイヤーロックですが、必ずしも南京錠を通す穴があるわけではありません。そんなときに役立つのが「ストラップセーフ」です。丈夫なナイロン製のストラップはロックすると緩めることが出来ない機構になっています。幅広で丈夫なストラップは大型のペリカンケースなどには最適です。最初は、南京錠タイプも良いかな?と思ったのですが、南京錠の「ツル」の長さがモデルによっては足りなくて鍵穴に通せなかったり、何気にモノを選ぶようです。それにくらべてストラップモデルは長さが簡単に調整できるのでモデルを選びません。

実際に会社で使っている1610に装着してみましたが、、なんか無駄にカッコイイ(笑)。このタイガーストライプが危機感出しまくりw。無骨なペリカンケースに似合い過ぎます。

丈夫でありながらも機能的 pacsafe(パックセーフ) strapsafe100

strapsafe100-1