LX2-LUMAMAX
7月に強烈なスペックと共にリリースされたSUREFIRE LX2。第二便のオーダーも落ち着き、コンスタントに供給できるよになりました。これまではお客様への供給がメインでレポート遅れてしまいました。申し訳ございません。

6月から続く各社の新商品ラッシュの中、決して安くは無いハズのLX2が非常に人気がございます。いまや同社のE2DLL4を凌ぐ人気を博しております。昨年E2DLがリリースされた時以上のものがございます。その理由は「200ルーメン」というスペックかと思います。同社のLEDライトでは最も明るい数値であった為、皆さんの期待が多いに盛り上がった為と思われます。

LX2は同社のL2の後継モデルにあたる商品です。2段階の加圧式調光スイッチを採用し、軽く押すとLoモード、さらに押し込むとHiモードとなります。常時点灯させるにはスイッチをねじ込んで行きます。慣れるまでちょっと違和感を感じるかも知れませんが、慣れると抜群に使いやすいスイッチです。このスイッチシステムはシュアファイアがパテントをもつ独自のもの。間欠点灯をメインで使用するシーンで多用されることを想定しております。

L2との大きな違いはその外観。滑り止めのチェッカリングがボディの全周にわったって施されたL2に比べ、LX2には指を掛けやすくするための溝が4箇所にあるだけで見た目は随分とシンプルになっております。スイッチ部分も同様の溝が10箇所あり、片手でスイッチを回しやすくなっています。チェッカリングがないからと言って滑りやすいわけではありません。ただ、グローブなどをした状態であれば従来のものの方が操作性は良かったんじゃないかな?と思います。
クリップはE1Bについていたベゼルダウンも、ベゼルアップもできる新型のクリップが採用されております。材質はバネ鋼のようなもの。グッと握るとたわみますが、元の形状に戻るのでご心配なく。なので、むしろライトを強く握ってた時のホールド感は従来のクリップよりも良いような気がします。好みは分かれると思いますけどね。。

全体的にシンプルな姿。個人的にはL2の方が好き(笑)。少し昔のSURFIREと比べてもシンプルな作りになったと思います。シュアっぽくないちゃぁ〜シュアらしくないデザインです。E1Bが出始めた頃から次期モデルはこんな感じになるのかな?と思っていましたが、正にその通りになったな、、って感じ。これまでの「軍用オーラ」出しまくりの同社のモデルと比べるとかなり大人しくなったように思えます。シュアファイアっていう会社はとにかく合理的な考え方のもとに製品を作っています。ルックスのイメージを大きく変えても操作性や握りやすさを最優先させるあたりが、すごいシュアっぽいんです(笑)。
LX2-LUMAMAX-1

そして、明るさの違いはこんな感じ。室内で10mと足元照射してみました。比較したのはL4 LUMAMAXE2DL。LX2がどれほどこの2本と違うかを見たかったです。実際に比べて思ったこと、それは「LX2はE2DLより少し明るいトゲなしモデル」です。LX2とE2DLは同じTIRレンズを使用しております。配光は似ております。中心光が明るく同時に周辺光を発するタイプです。L4の拡散光に比べると狭角ですが、レンズから照射面までを均一に明るく照らす特性はTIRレンズならではの照射能力です。
E2DLとLX2を比べた感じではLX2が確かに明るかったです。120ルーメンと200ルーメンですからそれは確かに違って当たり前なんですけどね。ただね、「そうか、これがSUREFIREの200ルーメンか。。」って感じました。これは私がいつもSURFIREの製品に感じていたことなんですが、メーカー公称値より明らかに明るい!と感じていたのです。というか、他のメーカーの公称値と比べて明るかったとも言えます。今回のLX2は何となく「予想の範囲内」の明るさだったのです。想像通りの結果に満足しなければならないのに、、なんか物足りない。。この感覚はSUREFIREを他にも持っている方なら何となく分るんじゃないかな?と思います。

つまり、「サプライズ」がなかったんだと思います。

極めて真っ当なスペック。他社の200ルーメンクラスのライトと比べても全く引けを取らない明るさです。しかし、SURFIREに限らず他社も凄まじい勢いで開発競争しております。既に他社製品で500ルーメンだ、700ルーメンだとかいうLEDライトを見ていると200ルーメンにサプライズを感じなかったのかも知れません。この仕事をしていて不幸だと感じた瞬間でした。(笑)

ちなみにLX2とE2DLでは足元照射では配光が異なります。LX2の方が狭角です。ホットスポットは小さく、E2DLの方が少し明るく感じたくらいでした。恐らくLX2の方が遠方照射をメインにしているものと思われます。この距離での使用であれば、L4が一番明るく感じるハズです。ルーメン値だけではなく照射方法と照射距離で随分と明るさの感覚は異なります。新型L4は中心光が明るいのでそこそこ遠方照射にも使えるマルチタイプです。それぞれ3本とも外観も含め特長が異なります。E2DLのような強力なスポット照射で「トゲ」の無い携帯しやすいモデルをお探しなら、、まずこのLX2をオススメしたいと思います。

LX1もこんな感じかな?と思うと現行L1が欲しくなるかも(笑)。