L4今年2月下旬にリリースされて以来、人気を博しているフラッシュライトSUREFIRE L4のランタイムを照度計を利用して計測しました。前回のYS Customの時同様、照度計との距離は約30cm。ホットスポットのみ計測する定点照射です。

6時間連続点灯における明るさの推移。約2時間は初期照度を保ち、そこから急激に減光。4時間後には1/3程度まで落ちます。そこからは緩やかに落ちていきました。4時間を過ぎた辺りから「ちらつき」が始まります。時々、瞬くようにLEDが点滅し「電池が切れるぞ〜」と警告される感じです。ただ、すぐには消灯せずにシブトク点灯し続けます。L4の力強い拡散光を味わえるのは2.5時間程度かな。まさか5.5時間ずっと初期照度を維持できるハズはないと思っていましたので想定内の結果でした。

例によって、連続点灯は現実的ではありません。ボディが鬼熱状態になりますので素手では持てません。3時間を過ぎると素手で触っても熱くなくなりました。連続点灯の熱により点灯効率が悪くなっているでしょうから、マメに消灯して熱を逃がせば初期照度の時間はもう少し延びたんじゃないでしょうか。LEDの連続点灯による発熱はLEDの寿命を縮める要因になりますのでこのような長時間の連続点灯は好ましくありません。

旧型が1時間だったことを考えると倍のランタイムですから、まぁそれだけでも凄いことです。何れにしてもこのサイズで100ルーメンを越えるようなライトはパッと点灯、パッと消灯。そんな使い方がベストなライトです。

ご参考までに。