CAMP月曜日の東京はボンヤリとした薄曇です。
先週末も長野にキャンプ&ライドに行きました。このところ立て続けに行っていますが、梅雨の足音がヒタヒタと聞こえる今時分は走れる時に行ってしまうのが正解なんです。オカゲで元々色黒の顔が更に黒く仕上がりました。。

と言うことで、今回はGENTOS HW-767HヘッドライトEX-044M LEDランタンを使ってみました。

これまでキャンプなどでは操作性が簡単で無駄に明るくないモデルを好んで使っていました。ただ、新型のL4をメインのハンディライトとして使い始めると、ちょっとヘッデンの明るさが寂しいなぁ〜と思ったのでHW-767Hを試してみました。メインLEDの明るさは未だ同社の中ではトップクラスの明るさです。私としては、カラーのサブLEDは「要らないんじゃない?」と思い続けておりました。サブLEDが付いたせいでライトユニットが大型化し、重量が増え、おまけに操作方法も煩雑になってしまったからです。今回キャンプで使いましたがやはり操作性はメンドイなぁ〜と思いました。しかし、、メインLEDの明るさはもちろんのこと、カラーLEDの光の飛び方にはなかなか目を見張るものがありました。

5mm砲弾球1個でこれだけ見えるなら上等です。特によく光が飛んだのが「青」。一番明るいと感じたのは「緑」、意外と暗く飛ばなかったが赤です。サブLEDだけであれば公称値約240時間も点灯できるので本当に電池の交換に困った時であればかなり使えると思います。この明るさをなかなか写真ではお伝えできないのが残念です。かなりHW-767Hを見直しました!でも、操作性と軽さで言えばHR-730Hなんですよ。うーん、この辺難しいところです。

ランタンですが、寝る用のテントにEX-044Mを使いましたが良い感じの明るさとサイズでした。EX-777XPの時のように頭をぶつけずに済みましたからね。(笑)ランタンの明るさとサイズはテントの大きさに併せて選んで頂くのが良いようです。

CAMP2