SF703GENTOS(ジェントス)よりリリースされた新型モデル。大きさ、明るさはSF-705XPSF-503Xの間に入るモデルです。単1電池を3本使いますので大きさと重さはそれなりです。決して軽くありません。むしろ重量級の部類に入るモデルと言えるでしょう。同社の製品では既に500、1000ルーメンというモデルがリリースされているにも関わらず、210ルーメンという妙に半端な明るさをこの大きさでリリースしてきた経緯が最初は分りませんでした。

このライトの魅力はそのスタミナです。実際に初期照度の段階から210ルーメン出ているかは分りませんが、それでもこの明るさが30時間近く使えるとなるとそれはそれで大変魅力的です。単1アルカリ乾電池の魅力はその容量です。連続点灯時間を重視したモデルと言えます。500も1000も要らない、とにかく「明るい」と思える明るさを長く使いたいと思う方には最適なモデルと言えるでしょう。

ただ、電池込みで800gはやっぱり重いです。専用のホルスターがおまけで付きますが、これを腰からぶら提げて歩くのは大変そうです。まぁ、そんなこと言ったらSF-705XPも同じですけどね。基本、ショルダーベルトでの携行になると思います。

スイッチはSF-705XPと全く同じ。中心がオフで左右にHi,Loが設定されております。ライトをひねるようにON/OFF、照度調整を行います。

配光ですが、スポットの状態ですとSF-503Xに近いものがあります。■と●が重なったような配光になります。距離が10m以上離れればほとんど気にならない程度になります。ワイドモードは比較的キレイな円形配光となります。照射角度はHW-767Hに近い感じです。ワイドモードでもそれほど広くはありません。やや集光にふったライトですね。

実用性は比較的高いと思いますが、いわゆる感動的なサプライズをこのライトに求めるのは厳しそうです。あくまでも実用性重視のライトです。

GENTOS SF-703XP Super Fire X Premium スーパーファイア プレミアム
SF703-2