abd70619.jpgLED LENSERからリチャージブル(充電式)のヘッドライトがリリースされました。

LED LENSER(レッドレンザー) OPT-7498 H7R LEDヘッドライト

H7Rは昨年リリースされてベストセラー商品の一つとなった同社のH7のリチャージブルモデルです。充電池と充電器が付属する以外の相違点としましては明るさがMAX120ルーメンから140ルーメンにアップしております。実際に点灯させてみると確かに明るくなっています。元々ヘッドライトとしては非常に明るいモデルになるので、その差は僅かかな?と思いましたが結構差がありました。あくまで初期照度ですけどね。。

明るさがアップしている分、実用点灯時間は1時間ほど短くなっています。このランタイムは付属の単4ニッケル水素電池(1.2V 900mA)のものなのか、使い捨て電池のものかは分りませんが、このルーメン値で3時間なら御の字かな?と思います。

ボディは相変わらず軽量です。電池込みで135g。電池ボックスとLEDユニットが別体なので装着時のバランスも良いです。ヘッデンは軽すぎてよくないことはありません。その点、LED LENSERのヘッドライトはとても優秀ですね。登山やハイキング、ナイトライドや機械整備など活躍の場はたくさんございます。

充電方法ですが、単4型のニッケル水素電池を電池ボックスに装填し、バッテリーボックスから伸びるコンセントにAC/DCアダプターのプラグを挿して充電を行います。で、充電中はLEDユニットのレンズ奥にある小さなグリーンLEDが点滅します。レンズ全体に反射し、グリーンに光ってきれいです。充電が完了すると点灯となります。充電器にグリーンLEDが灯るよりもずっと分りやすいですね。
充電器はUSBジャックが付いておりPCからも充電可能です。会社に自転車通勤されている方とか会社のパソコンで仕事しながら充電とかしちゃったりして。。何気に便利です。
室内照射テスト
明るくて、充電池が使えて、軽量で、ワイドな照射、しかも調光まで可能です。ヘッドライトとして考えると非常にスペックの高いモデルです。細々としてギミックと明るさはさすがLED LENSERらしいですが、、、相変わらずレンズの仕上がりがイマイチです。照射に影響は全くありませんが、価格が高くなった分、全体のクオリティーをもう少し高めて欲しかったですね。